FANDOM


YT-1210軽貨物船(YT-1210 light freighter)はコレリアン・エンジニアリング社が製造した、YTシリーズ軽貨物船である。YT-1000が発売された後、YT-1200軽貨物船とともに売り出され、その後YT-1250貨物船という後継機が発売された。

特徴

YT-1200とYT-1210は側面マウント型コックピット、センサー搭載ブーム、10基のアタッチメント・ポイントなどの共通点があった。かつて製造されたYT-1000と比べ、コックピットが中央から側面に移されたことは、シリーズにおける劇的な変化だった。ふたつの貨物船の違いは推進器の数であり、YT-1200は2つ、YT-1210は3つ備えていた。[1] YT-1210はYT-1300軽貨物船といくつか似た特徴を持っていた。この貨物船は後継機にも引き継がれた円盤型の船体をしていたが、前部の貨物積載用マンディブルは搭載していなかった。この機体のセンサーは大きく突き出しており、YT-1210と戦う相手にとっては格好の標的となった。

YT-1210は全長28メートルであり、標準的な乗組員はパイロット砲手の2名だった。100メトリック・トンまでの貨物を積み込むことが可能であり、1門のレーザー砲で武装していた。この貨物船にはキャプテンのための小型キャビンや、小型のリフレッシャー・ステーションが備えられていた。YT-1210は所有者による改造が可能だった。

歴史

YT-1210貨物船は、YT-1000型の発売の後、コレリアン・エンジニアリング社によって売り出された。しかしYT-1000より売り上げが伸びることはなく、33 BBYごろのYT-1300軽貨物船の発売の後は大量に在庫が残ることになってしまった。コレリアン・エンジニアリング社は売れ残りから利益を出そうと、YT-12000とYT-1210の期待をアップグレードし、YT-1250貨物船という新製品として売り出すことにした。[1] ただし、1210は後継機1300と同様に、銀河系各地でその姿をみることができた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki