FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

YT-1000軽貨物船(YT-1000 light freighter)は、コレリアン・エンジニアリング社が製造した貨物船である。この宇宙船には、後継機であるYT-1300とのわかりやすい類似点があった。しかし後継機と比べYT-1000はより小型であり、船体中央にコックピットが備わっているという特徴があった。

概要

コレリアン・エンジニアリング社(CEC)にとって、YT-1000はYGシリーズの流れを汲む実験機、バーロッツ級貨物船の代替品という位置づけだった。バーロッツ級はYT-1000開発当時まだ需要があったものの、CECの上層部や設計担当者は、これを古臭い機体と考えていたのである。[1]

YT-1000の設計において、CECは新しいテクノロジーの導入に積極的でありながらも、過去の製品からインスピレーションを得ていた。彼らは大銀河戦争時代のXS貨物船の記録をもとにYT-1000を設計し、記録が欠けている部分を、古代の貨物船に詳しいナロ・サイナーの知恵で補った。結果、この軽貨物船はXS貨物船と同様に中央船体コックピットを備え、ビューポートにはバーロッツ級の流れをくむ大型のトランスパリスチール窓が採用されていた。[1]

しかし、CECの顧客はYT-1000よりもより大型で、モジュラー化された宇宙船を求めていた。CECのマーケティング管理部門は顧客調査を考察し、YT-1000の生産数を限定することに決めた。[1]YTシリーズの後継機と同様、YT-1000貨物船も密輸業者に好んで使用されていた。彼らは様々な兵器を付け加えるなど、宇宙船の改造を楽しんでいたのである。

YT-1000の後継機として、YT-1200YT-1210が続けて発売されたが、コックピットが中央配置から側面マウント型になった以外、この機体からの劇的な進化はみられなかった。[1]

知られている宇宙船

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki