FANDOM


XSストック軽貨物船(XS stock light freighter)は、コレリアン・エンジニアリング社が製造した貨物船である。大銀河戦争冷戦の時代に、主に密輸業者たちが使用していた。

特徴

XSストック軽貨物船は、かつての軽貨物船と比べとても先進的な武装、スピード、汎用性を備えたモデルだと考えられていた。XS軽貨物船は、当時の銀河系最速で、もっとも機敏なスターシップであるとされていた。この船には、いたるところにある秘密の仕切りを含め、巨大な貨物スペースがあり、密輸や貴重品を隠すのにうってつけだった。XS軽貨物船のエンジンは、敵や保安局から逃げるのに十分な速度を提供したが、標準的なミサイル・ランチャーやレーザー砲で戦うことも可能だった。また、この貨物船には手動あるいはコックピットからの遠隔で操作できるレーザー・タレットが上部と側面にあった。多くの密輸業者や貨物船の船長は船の中で生活したため、XS軽貨物船にはレクリエーション用のラウンジや余分な寝室などの、快適さを追求した設計が施されていた。

歴史

コレリアン・エンジニアリング社製XSストック軽貨物船は、ジェダイ内戦の時代に使われたコア・ギャラクシー・システムズ社ダイナミック級貨物船を手本に設計された。そしてXS軽貨物船のイメージや設計データは、のちにYT-1000貨物船の製造に活かされた。[1]

大銀河戦争当時、密輸業者のニコ・オカーは<レッドシフター>という名のXSストック軽貨物船を使っていた。

登場作品

XS schematics

XS軽貨物船

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki