FANDOM


X-34ランドスピーダー(X-34 landspeeder)はソロスーブ社が製造した地上用リパルサークラフトである。銀河内戦の時代に使用されていた、ごく一般的な民間用ビークルだった。

特徴

ソロスーブ社製X-34ランドスピーダーは、防御機能や武器が一切装備されていない民間用リパルサークラフトだった。[1] 全長3.4メートルで、快速だったが外見にこれといった特徴がなかった。[2]リパルサーリフトによって地上から1メートル弱の高さに浮かび、3機のタービン・エンジンで前進した。エンジンの推進力は、どんな悪路でもスムーズな走行を可能にした。コックピットは開放型か密閉型かが選択できた。[1]

歴史

銀河内戦の時代、X-34ランドスピーダーはごく一般的な民生用ビークルとして普及していた。惑星タトゥイーンのような苛酷な砂漠の環境に適しており、ルーク・スカイウォーカーも青年時代に1台所有していた。[1] スカイウォーカーはラーズ家水分抽出農場アンカーヘッドトシ・ステーションの間をこの乗り物で行き来した。彼のスピーダーはぼろぼろで、タービンのエンジン・カバーも紛失していたが、苛酷な砂漠の環境で使い続けるために慎重なメンテナンスを施されていた。[2] 育て親のオーウェンベルー・ラーズ夫妻が帝国軍によって殺された後、スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービR2-D2C-3POを乗せてモス・アイズリーへ向かった。オルデランまでの旅行費用を捻出するため、スカイウォーカーは宇宙港でこのランドスピーダーを売却した。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注