FANDOM


WA-7サービス・ユニット(WA-7 service unit)は、WA-7ウェイトレス・ドロイド(WA-7 waitress droid)としてよく知られた給士用ドロイド。ゴコープ社アティリテック社が生産した。

特徴

WA-7はドロイドの初期の時代に戻ったようなスタイルと設計のウェイトレス・ドロイドだ。人間の女性に似せてつくられたWA-7は、業務用ドロイドの分野に特化した多くの企業のうちの一社が、一般的な給仕ドロイドとして設計したもののひとつである。

WA-7のスリムなウエストは、車輪を前後左右に動かして移動するための制御ジョイントになっている。そして装飾スカートが彼女のモーター・ユニットとリパルサーリフト・ジェネレーターを隠していた。モーターは1輔車にパワーを供給し、WA-7はその車輪の上で優雅にバランスをとりながら店内を移動するだ。かすかな光沢を持つデュラスチール製の車輪には、グリップ力の高い高分子素材が埋め込まれ、高速移動することができる。

WA-7は、輝くデュラスチールのフレ-ムの上に、ややくすんだ赤い飾りが施されている。重労働用としてつくられたわけではないので、彼女の腕は細く優雅だ。耳の部分で固定される赤い金属製の帽子を載せた頭部には、メイン・センサーがおさめられている。

知られているユニット

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki