FANDOM


V-19トレント・スターファイター(V-19 Torrent starfighter)はスレイン&コーピル社が開発したスターファイターである。クローン戦争中に銀河共和国宇宙部隊が使用した。アルファ3ニンバス級Vウイング・スターファイターの前身機のひとつだった。

特徴

スレイン&コーピル社製V-19トレント・スターファイターは、共和国宇宙軍の中でもっとも速度と機動性に優れたスターファイターのひとつだった。[1] 全長は6メートル[2]クローン・トルーパー・パイロット1名によって操縦された。[4]Sフォイルと呼ばれる可変式の翼は飛行モード時に下と左右の三方向に広がり、格納モード時はすべて上方に折り畳まれた。Sフォイル翼は高い安定性をもたらし、両翼に取りつけられたブラスター砲の射撃範囲を広げる役目も担っていた。また、V-19トレントは追尾型の震盪ミサイルを搭載していた。[1]

歴史

V-19トレント・スターファイターはクローン戦争中に銀河共和国によって使用された。主にクローン・トルーパーのパイロットが乗り込んだが、ジェダイが使用することもあった。[1]テスの戦いライロスの戦いに参加した。

アルファ3ニンバス級Vウイング・スターファイターはV-19トレントや攻撃型偵察機170スターファイターを参考に設計されていた。[6]

登場エピソード

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第224師団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - ISPスピーダー - RX-200 - SPHA-T - LAAT/i - LAAT/c
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]