FANDOM


TK-422初代デス・スターに配属されていた銀河帝国クローン・ストームトルーパー0 BBYに<ミレニアム・ファルコン>がデス・スターに拿捕され、スキャン・クルーが船内を捜査する間、警戒するように指示された。

指示に従い、TK-422はTK-421と共に<ファルコン>の昇降口に立っていた。技術者たちが機材を持って彼らの間を通り船内に入った直後、TK-422たちは船内から手を貸すように声をかけられた。実は声の主は技術者ではなくルーク・スカイウォーカーだったのだが、TK-422たちはそれに気づかずに船内へ入っていく。すると彼らは、待ち伏せていたハン・ソロに気絶させられ、装甲服を奪われてしまった。彼らは船内に隠され、TK-422の装甲はハン・ソロが着用した。侵入者たちが監房で銃撃戦を繰り広げている頃、<ファルコン>で気絶していた彼らはセキュリティ・チームによって発見された。彼が眼を覚まさないので、ストームトルーパーたちは彼を最寄の医療ベイへと連れて行った。TK-422はデス・スターが爆発したときに死んだと考えられる。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki