FANDOM


TIE/sk x1試作大気圏特化型戦闘機(TIE/sk x1 experimental air superiority fighter)、別名TIE/sk大気圏用戦闘機(TIE/sk atmospheric fighter)、通称TIEストライカー(TIE striker)は銀河内戦中に惑星スカリフをはじめとする戦場で使用された、銀河帝国スターファイターである。サイナー・フリート・システムズ社が製造したTIEラインの系統に属していた。TIEストライカーは大気圏内のミッションに特化しており、水平に配置された高速翼と巨大な中央ポッドを特徴としていた。

特徴

TIE Striker Databank

大気中を飛行するTIEストライカー

TIEストライカーはサイナー・フリート・システムズ社銀河帝国のために製造したTIE(ツイン・イオン・エンジンスターファイターの系統に属す大気圏戦闘特化型の戦闘機である。水平に配置された2枚の翼を特徴としており、巨大な中央ポッドを活かして補給物資や人員を軌道から地上へ運ぶこともできた。大気圏におけるミッションを目的に設計されていたが、伝統的なTIEファイターと並んで宇宙で戦うこともできた。先進的な高速翼を備えたTIEストライカーは標準仕様のTIE/ln宇宙特化型スターファイターより速く飛ぶことができた。TIEストライカーは水平の翼を傾けることでスピードを増し、戦闘モードと飛行モードの切り替えを行った。

歴史

帝国軍反乱同盟軍とのあいだに繰り広げられた銀河内戦でTIEストライカーを使用した。このスターファイターは大気圏内における戦闘や重要な帝国軍基地の防衛に用いられていた。ヤヴィンの戦い以前、TIEストライカーは惑星スカリフ帝国安全管理施設に配備され、デス・スター設計図の奪取を目論む反乱軍攻撃チームと交戦。ブルー中隊アントック・メリック将軍の機体を撃墜するなどの戦果を上げた。

登場作品

参考資料

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス・スコードロン - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。