FANDOM


「このおんぼろで逃げるのか?」
「この船は頑丈よ。どう? あなたに飛ばせる?」
「何だって飛ばせるさ」
ウェッジ・アンティリーズサビーヌ・レン[出典]

TIE/saボマー(TIE/sa bomber)、通称TIEボマーサイナー・フリート・システムズ社が製造したTIEライン爆撃機である。惑星宇宙船に対する爆撃用に設計され、銀河帝国宇宙軍によって使用された。

特徴

サイナー・フリート・システムズ社製TIEボマーは、ツイン・イオン・エンジンを搭載したTIEラインスターファイターである。惑星宇宙船に対するボマー(爆撃機)として設計され、レーザー砲2門、震盪ミサイル軌道爆雷プロトン爆弾等で武装していた。機雷やミサイル、爆弾は第2のポッドに収納されていた。標準的なTIEファイターと同様、ソーラー・パネルで収集したエネルギーがエンジンに送られる仕組みになっていた。ハイパードライブを搭載していなかったため、航続距離には限界があった。しかし、TIEファイターよりは長時間運用されることが想定されていたため、2日分の空気や携帯食料が積み込まれていた。コックピットの座席は緊急時に射出できるようになっていた。[1]

歴史

「タイ・ボマー全機は爆撃を開始せよ。この星の空を焼き尽くしてでも敵を発見するのだ」
スター・デストロイヤー艦長[出典]

TIEボマーは銀河帝国の爆撃機として使用された。帝国の誕生から8年後、レイ・スローン艦長を務めるインペリアル級スター・デストロイヤーアルティメイタム>にTIEボマーが積載されていた。スローン艦長は、デネトリアス・ヴィディアン伯爵の乗る<フォーリジャー>を攻撃するためにTIEボマーを使用した。

ホスの戦いの後、反乱同盟軍の<ミレニアム・ファルコン>を追跡するため、TIEボマー部隊がホス小惑星帯へ派遣された。

登場作品

参考資料

脚注

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス・スコードロン - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー
[テンプレート]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。