FANDOM


「このおんぼろで逃げるのか?」
「この船は頑丈よ。どう? あなたに飛ばせる?」
「何だって飛ばせるさ」
ウェッジ・アンティリーズサビーヌ・レン[出典]

TIE/saボマー(TIE/sa bomber)、通称TIEボマーサイナー・フリート・システムズ社が製造したTIEライン爆撃機である。惑星宇宙船に対する爆撃用に設計され、銀河帝国宇宙軍によって使用された。TIEボマーはツイン・イオン・エンジンソーラー・コレクターといったTIEシリーズ特有の装備に加え、レーザー砲震盪ミサイルサーマル・デトネータープロトン魚雷など、多彩な兵器を搭載することができた。

特徴

TIE Bomber bombing

TIEボマーの爆撃

TIE/saボマーはサイナー・フリート・システムズ社銀河帝国軍隊のために開発したTIEラインスターファイターである。軽ボマーに分類される本機は、TIEシリーズの他の戦闘機と同様にツイン・イオン・エンジンソーラー・コレクター・パネルを搭載していた。TIEボマーの全長は7.9メートルで、横幅10.6メートル、全高は5.4メートルだった。帝国特有の目立たないカラーリングを踏襲し、TIEボマーは青みがかった灰色に塗装されていた。

TIE/saボマーはTIEアドバンストx1プロトタイプと同じく湾曲した翼を持ち、大量の重火器を積載した状態でもスピードと操作性が最大限まで引き上げられていた。TIEボマーは他のTIEモデルと違って中央ポッドを2つ持ち、右舷はパイロットが乗り込むコックピット、左舷は武器弾薬用のベイになっていた。コックピット・ポッドは前部レーザー砲と標準的なトランスパリスチールビューポートを装備し、パイロットが長距離の爆撃飛行で船を放棄しなければならない場合に備えて脱出用のイジェクター・シートが備わっていた。

武器弾薬ベイは2つのセクションに分かれていた。前部の武器弾薬ベイには震盪ミサイル8発、またはプロトン魚雷を4発搭載することができた。主要武器弾薬ベイには震盪ミサイル8発およびプロトン魚雷4発、またはプロトン爆弾8発およびサーマル・デトネーター64個、または軌道機雷6基、またはストームトルーパーを載せることができた。武器弾薬ポッドの下部にはT-s7b照準コンピューター398X爆撃照準器といった照準システムと連携した爆弾投下用シュートが設置されていた。また、ポッドには前方射撃や魚雷用のミサイル・ポートもあった。

役割

TIE/saボマーは設置兵器やトラップへの攻撃において帝国の主力航空支援機として活躍した。TIEボマーはしばしば攻撃作戦の最前線を飛行し、スター・デストロイヤーの司令官からの指示のもと、宇宙空間にいる主力艦や地上の建物といった大型の標的に対して絨毯爆撃を行った。

歴史

初期反乱運動

TIEボマーはサイナー・フリート・システムズ社によって製造され、銀河帝国の爆撃機として使用された。[1] 11 BBY当時、レイ・スローン艦長を務めるインペリアル級スター・デストロイヤーアルティメイタム>にTIEボマーが積載されていた。ゴース紛争のさなか、スローン艦長はデネトリアス・ヴィディアン伯爵の乗る<フォーリジャー>を攻撃するためTIEボマーを使用した。[2]

TIE bomber bomb

反乱者たちが帝国のクルーザーを爆破するため爆弾を詰め込んだTIEボマー

3 BBYスペクターズ反乱分子とライロス解放運動のメンバーは惑星ライロス上空に浮かぶクエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアーの奪取を企て、盗んだTIEボマーを潜入任務に利用した。彼らはフェニックス中隊との交戦でダメージを負った友軍機を演じ、クルーザーキャリアーに着艦することに成功した。反乱者たちがキャリアーを制圧した後、帝国軍は司令クルーザーから4機のTIEボマーを送り出し、敵に奪われたキャリアーを破壊しようとした。しかし反乱者たちはレーザー砲で魚雷を迎撃してダメージを軽減し、ボマーを全て撃墜する。その後反乱者のサビーヌ・レンチャム・シンドゥーラはキャリアーに駐機されていたボマーの1機に大量の爆薬を詰め込み、ジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーフォースを使ってこの機体をハンガーの外へ放り出した。このTIEボマーはチャムの狙撃で大爆発を起こし、帝国の司令クルーザーを破壊した。[3]

2 BBY、反乱者のサビーヌ・レン、帝国軍士官候補生ウェッジ・アンティリーズデレク・クリヴィアンは惑星モントロスにあるスカイストライク・アカデミーから脱出する際にTIEボマーを使用した。3人の乗るボマーはヴァルト・スケリス大尉が操縦するTIE/INインターセプターに追撃されたが、モントロスの上空で無事に反乱軍のCR90コルベットと合流することができた。[4] 同じ年、カシウス・コンスタンチン提督は惑星マイカポの上空における戦いでTIEボマーを出撃させ、アイアン戦隊YT-2400軽貨物船サトーズ・ハンマー>にマグノ=マインを取り付けさせた。[5] またブランソン艦長はジオノーシスで反乱軍の侵入を確認した際、敵の居場所を突き止めるためTIEボマー2機を送り出したが、<ゴースト>によって撃ち落とされてしまった。[6]

銀河内戦

ヤヴィンの戦いの後、キーナー提督モンスア星雲で反乱同盟のメンバーと思しき宇宙船を追跡した。キーナーは敵をあぶり出すためTIEボマー部隊に星雲内の惑星の爆撃を指示する。しかしプリンセスレイア・オーガナ密輸業者ハン・ソロサナ・スタロスは宇宙船<ヴォルト・コブラ>でTIEボマーやTIEファイター、スター・デストロイヤーの攻撃を振り切り、モンスア星雲から逃げ去った。[7] またアンサン・プライムでは、ドクターアフラの宇宙船<アーク・エンジェル>を無力化するためイオン魚雷を装備したTIEボマーが配備されたが、ダース・ヴェイダーの提案で作戦が変更され、使用には至らなかった。[8]

登場エピソード

参考資料

TIE bomber Databank

TIEボマー

脚注

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]
他言語版