FANDOM


TIE/ln宇宙特化型スターファイター(TIE/ln space superiority starfighter)はサイナー・フリート・システムズ社が製造した銀河帝国宇宙軍の主力スターファイターである。インペリアル級スター・デストロイヤーと並び、帝国軍の宇宙戦力を象徴する存在だった。

TIE/lnは大文字でTIE/LNと表記されることもあった。公式名称はツイン・イオン・エンジン “量産版” 宇宙特化型スターファイター (Twin Ion Engine "line edition" space superiority starfighter)。TIEファイターという呼び名で広く知られた。

TIEファイターは特徴的なH型の船体を持つ1人乗り戦闘機で、高速なドッグファイトを想定して設計されていた。クローン戦争で使用されたイータ2アクティス級軽インターセプターを部分的に参考にして開発され、機動性が高く、操縦装置は直感的に扱うことができた。帝国ではパイロットは消耗品とみなされていたため、TIEファイターは偏向シールドを持たず、生命維持システムは最低限のものしか用意されていなかった。帝国時代、TIEファイターはTIEアドバンストx1TIE/INインターセプターといった多くの派生機(TIEライン)を産んだ。また、ファースト・オーダーは帝国時代のTIEファイターの欠点を補った新型のTIE/fo宇宙特化型戦闘機を使用した。

特徴

TIE/LNスターファイターシールドや強固な装甲を持っておらず、操作性やパイロットの戦闘技術に依存していた。TIEのコックピットは窮屈で、防衛機能の低さはパイロットにとって命取りとなった。しかし、TIEファイター・パイロットは自分たちの戦闘機の欠陥を自嘲気味に自慢していた。彼らは、TIEをうまく乗りこなす能力こそパイロットの真の能力なのだと考え、TIEのエース・パイロットは同僚たちの尊敬の的だった。銀河帝国はTIEファイターの改良に取り組み、TIEアドバンストv1TIEアドバンストx1TIE/INインターセプターを開発した。[9]

歴史

帝国の象徴

TIE/ln宇宙特化型スターファイターは、クローン戦争期の先進的なスターファイター・デザインを基に開発され、銀河帝国の象徴的な戦闘機になった。銀河帝国が銀河系各地の惑星に対する支配力を強めたことで、帝国軍はますます多くの星々でTIEファイターを建造することになった。やがてロザルといった惑星では、TIEファイターが空を飛行する光景が一般的になった。製造企業であるサイナー・フリート・システムズ社等と協力し、帝国は絶えずTIEファイターのための新しいテクノロジーの開発に努めた。実験的に製造されたTIEの試作型の中には、シールドや先進的な兵器、追跡能力、さらに優れた操作性能を持つものもあった。[9]

銀河内戦

共和国再建のための同盟は、帝国の戦闘機よりも優れた兵器やシールドを備えたT-65B XウイングYウイング・スターファイターでTIE中隊に対処した。しかし、TIEファイターのエンジンの轟音は、多くの反乱軍パイロットに恐怖感を覚えさせた。当時、TIEファイターは帝国宇宙軍で数多くの役割を果たしていた。TIEはスター・デストロイヤーの偵察機やデス・スターの哨戒機として活躍し、密輸業者海賊の討伐や、帝国が支配する惑星のパトロール等も担当した。[9]

銀河内戦はTIEモデルの新型開発を後押しした。ダース・ヴェイダーヤヴィンの戦いでTIEアドバンストの試作機に乗り込み、TIEファイター部隊を率いて戦った。ヴェイダーと部下の隊員たちは、デス・スターを防衛するために多数の反乱軍戦闘機を撃墜したが、<ミレニアム・ファルコン>の思いがけない介入により、バトル・ステーションを守りきることが出来なかった。エンドアの戦いの当時、帝国軍艦隊ではTIEファイターと並んでTIEインターセプターも使用されるようになっていた。[9]

登場作品

TIEpilot

TIEファイター・パイロット

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki