FANDOM


TIEアドバンストx1(TIE Advanced x1)、別名TIE/adサイナー・フリート・システムズ社が製造したTIEラインスターファイターの最新鋭試作型の一種である。TIEアドバンストv1プロトタイプをさらに改良したスターファイターで、シールド発生装置に対して効果的な高性能目標追跡システムを搭載していた。

特徴

TIE Advanced x1 starfighter

正面

TIEラインスターファイターを設計するにあたり、サイナー・フリート・システムズ社クワット・システムズ・エンジニアリング社の製品であるVウイングイータ2アクティス級軽インターセプターの設計を大いに参考にした。サイナー社はまた、旧リパブリック・サイナー・システムズ社が製造したスター・クーリエシミター>を基に局所的な改良と極秘の新技術を加えたアドバンスト・モデルを実験開発した。そのひとつがTIEアドバンストv1であり、プロトタイプのさらなる改良によってハイパードライブ偏向シールド発生装置を搭載したTIEアドバンストx1が生み出された。アドバンストx1ラインの改造型初期試作機にはダース・ヴェイダーが自ら搭乗した。ヴェイダーの戦闘機は優れたスピードと火力を誇り、2連ブラスター砲クラスター・ミサイル発射装置を搭載していた。またヴェイダーはアーマー・スーツで乗り込むためにカスタムメイドのコックピットを用意させ、湾曲した翼に高出力のソーラー・セルを取り付けさせていた。

歴史

ヤヴィンの戦いの数前、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーTIEアドバンスト操縦して反乱分子と戦った。彼は反乱者の艦隊の中へと飛び込み、敵の旗艦である<フェニックス・ホーム>を破壊した。

ダース・ヴェイダーはヤヴィンの戦いでもTIEアドバンストx1に乗り込んだ。彼はTIE/ln宇宙特化型スターファイターから成る部隊を指揮し、デス・スターバトル・ステーションを防衛するために共和国再建のための同盟T-65B XウイングYウイング・スターファイター中隊と戦った。ヴェイダーは反乱軍部隊の生き残りを追い詰め、ビッグズ・ダークライター機を撃墜し、ウェッジ・アンティリーズ機を戦線離脱させたが、<ミレニアム・ファルコン>の妨害に遭って最後のひとりであるルーク・スカイウォーカーを倒すことができなかった。ヴェイダーのTIEアドバンストが制御を失って離れていった後、スカイウォーカーのXウイングはデス・スターの破壊に成功した。

登場作品

参考資料

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス・スコードロン - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー
[テンプレート]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。