FANDOM


「きれいな船だな」
「ええ。これから壊すのが惜しいくらい」
ケイナン・ジャラスヘラ・シンドゥーラ[出典]

TIEアドバンストv1(TIE Advanced v1)、別名TIEアドバンスト・プロトタイプ(TIE Advanced Prototype)はサイナー・フリート・システムズ社が製造したTIEラインスターファイターの試作機である。標準的なTIE/ln宇宙特化型スターファイターよりも優れた火器とエンジンを搭載していた。銀河帝国創設の15年後に初めて導入された。

特徴

サイナー・フリート・システムズ社(SFS)製TIEアドバンストv1は、ツイン・イオン・エンジンを搭載したTIEラインスターファイターの試作機だった。リパブリック・サイナー・システムズ社が製造したスター・クーリエシミター>をベースに設計されていた。標準的なTIE/ln宇宙特化型スターファイターとは違い、この戦闘機にはハイパードライブと基本的なシールドが搭載されていた。また、後継機のTIEアドバンストx1とは異なり、v1型はSフォイルと呼ばれる可変翼をコックピットの周囲に折り畳むことができた。

TIEアドバンストv1は標準的なTIEファイターよりも高度なエンジンと強力なレーザー砲2門を備え、敵の宇宙船に取り付く追跡装置を射出するための実体弾発射装置も搭載していた。翼に装備されたソーラー・パネルのおかげで、ほとんどあらゆる環境でエネルギー不足に陥ることがなかった無かった。

歴史

TIEアドバンストv1はシス卿ダース・モールが使用したシス・インフィルトレーター<シミター>をベースに設計され、SFS社によって帝国宇宙軍用戦闘機として製造された。銀河帝国建国から15後の帝国の日アウター・リム・テリトリー惑星ロザルで開かれた式典で初めて一般にお目見えされた。この日、SFS社がロザルでTIEアドバンストv1を製造することが発表される。式典の最中、反乱者ケイナン・ジャラスがTIEアドバンストv1の最初の1機を破壊した。

パウアン大尋問官ジェダイ討伐という最高機密の任務のためにTIEアドバンストv1を与えられていた。しかし、ジャラスと彼のパダワンであるエズラ・ブリッジャーは、ムスタファー星系で発生した戦いのさなかに、大尋問官のTIEを盗んで逃げ去った。

登場エピソード

参考資料

脚注

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]