FANDOM


TDK-160リサーチ=アシスタント(TDK-160 research-assistant)は科学者のアシスタントとして利用された構造可変型のドロイドである。ふだんは2本の細い足で歩行し、雪原などの地形ではツイン=トレッド・モジュールを使って移動した。惑星ヴァルトザーペン・インダストリーズ社の研究員ゲイレンライラ・アーソ夫妻のアシスタントを務めた“アシス”はTDK-160だった。[1]

脚注

  1. 1.0 1.1 出典:カタリスト