FANDOM


「僕は故郷でT-16を飛ばしてウォンプ・ラットを仕留めたよ」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

T-16スカイホッパー(T-16 Skyhopper)はインコム社が製造した民間用のリパルサーリフトエアスピーダーである。さまざまな惑星の環境において、高い信頼性と安定性を誇った。

特徴

インコム社製T-16スカイホッパーは、民間用に製造された3枚の翼が特徴的なひとり乗り[3]エアスピーダーだった。飛行能力に関し、あらゆる惑星において高い安定度と信頼性を誇る高性能のリパルサークラフトだった。イオン・ドライブを推進力に最高時速1,200キロメートルを出し、リパルサーによって高度300メートルを飛行した。また、武器として空気砲を搭載していた。T-16スカイホッパーの操縦方法は、同じインコム社の製品T-65B Xウイング・スターファイターのそれと非常に似ていた。[1]

歴史

T-16スカイホッパーはインコム社によって製造され[4]銀河内戦当時にはアウター・リム・テリトリーの惑星の若者にも普及していた。[4] スカイホッパーは人気があり、人生初の飛行訓練をこのエアスピーダーで経験する若者も少なくなかった。砂漠の惑星タトゥイーンに住んでいた頃、ルーク・スカイウォーカーベガーズ・キャニオンの危険なカーブをT-16で飛びぬけ、空気砲でウォンプ・ラットを退治した。反乱同盟軍に加わった後、T-16の操縦経験があったスカイウォーカーは、Xウイングの操縦方法にすぐに慣れることができた。[1] また、彼はT-16の模型も所有していた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版