FANDOM


この記事はビデオゲームを扱っています。 あなたが探しているのは他の作品かもしれません。
Kotoriibox
Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords
発売の情報
開発

オブシディアン・エンターテイメント

発売

ルーカスアーツ

ゲーム・エンジン

Odyssey engine

発売日
ジャンル

RPG

モード

シングルプレイヤー

プラットフォーム
  • Xbox
  • Windows
設定
時代

旧共和国時代

タイムライン

3951 BBY

Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords(仮題:スター・ウォーズ 旧共和国のナイトたち2: シス卿たち[1])は、『Star Wars: Knights of the Old Republic』の続編として発売されたロールプレイング・ゲーム。前作とは異なり、オブシディアン・エンターテイメント社が開発を行った。ゲームのプロデューサーによれば、前作を担当したバイオウェア社が『Jade Empire』や『Dragon Age』といった他タイトルの開発に忙しかったことが、開発企業が交代した理由であるという。

内容

この作品のタイムラインは、前作『Star Wars: Knights of the Old Republic』のおよそ5年後、暗黒大戦の時代の設定されており、前作と共通する登場人物はほとんどいない。前作は、プレイヤーの選択によって、ライトサイドダークサイドの異なる結末が用意されていた。そのため、続編『The Sith Lords』では、どちらの結末の続きをプレイするか選択できるようになっている。しかし、どちらの選択肢を選んだとしても、『The Sith Lords』のストーリーはシスジェダイ・オーダーをほぼ完全に破壊した後の時代から開始する。プレイヤーが操作するキャラクターは、マンダロア戦争以降、ジェダイ・オーダーから追放されていたジェダイ・ナイトである。ゲームの開始場面で、このキャラクターはエグザイル、またはジェダイ・エグザイルと呼ばれているが、プレイヤーは好きな名前をつけることが出来る。

主人公の味方として、クレイア(主人公の師匠的キャラクター)や賞金稼ぎミラ(プレイヤーがライトサイドを選択した場合、ナー・シャッダで味方になる)、ウーキーの賞金稼ぎハンハー(プレイヤーがダークサイドを選択した場合、ナー・シャッダで味方になる)、ジェダイ内戦でシスのエリート工作員として活躍した密輸業者アットン・ランド(主人公を女性キャラクターにした場合、主人公の恋愛対象となる)、ザブラクの技術者ベイオ=デュア、侍女ブリアナ(主人公を男性キャラクターにした場合のみ仲間になり、恋愛対象となる)、元ジェダイ訓練生で歴史家のマイカル(女性主人公の恋愛対象のひとり)、ミラルカダーク・ジェダイで、ダース・ナイアリスの弟子ヴィサス・マー(男性主人公の恋愛対象のひとり)、尋問ドロイドT3-M4アサシン・ドロイドHK-47マンダロリアンカンデラス・オルドといったキャラクターが登場する。フォース=センシティブのエネルギーに飢えたシス卿、ダース・ナイアリスや、ぼろぼろの肉体を持つシス卿ダース・サイオンがこの作品の敵キャラクターである。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki