FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
Starkiller charging

スターキラー基地にエネルギーを吸収される恒星

恒星(Star)はプラズマやガスから成り、自ら輝きを発する巨大な天体である。銀河系には無数の恒星が存在し、その多くが惑星を持っていた。惑星系を形作る恒星は太陽(Sun)と呼ばれた。

特徴

恒星は燃焼するプラズマとガスから成る巨大な天体で、熱、光、放射線を発した。恒星の規模や種類はさまざまで、と大きさによって赤色矮星褐色矮星黄色矮星赤色巨星等に分類された。

恒星の誕生

恒星は育星場(ステラー・ナーセリー、星のゆりかご)と呼ばれる宇宙領域で形成される。恒星は圧力と熱エネルギーの衝突によって生まれ、その過程で周辺の宇宙を形作り、数百万キロメートル離れた場所からでも確認できるほどに成長していった。また、惑星のコアが外部からの力の働きで爆発した際、結果的に恒星が生じることもあった。形成後の恒星は、黄色矮星から赤色巨星へと肥大化していくように、さまざまな段階を経て進化していった。

恒星と惑星

ほとんどの恒星は軌道上に惑星をはじめとする他の天体を持っていた。周辺の天体をひとつにまとめ、星系をつくる恒星は“太陽”と呼ばれた。一般的に星系は単一の太陽を中心に構成されたが、タトゥ星系モン・カラマリ星系は複数の太陽から成る連星系だった。多くの場合、惑星は太陽から光と熱のめぐみを受け取っていた。しかし中には例外もあり、“シャドウ・ワールド”と呼ばれるアンバラには太陽の光が全く届かず、地上は常に闇に包まれていた。遠く離れた恒星は、夜空では単なる点となって輝いた。銀河系の住民には夜空の星をつなぎ合わせて星座をつくる文化があった。

参考資料

外部リンク

他言語版