FANDOM


「コマンダー、我々は奴らをせん滅しなければならない。そのために最適な兵器がある。SD-K4改だ。戦場を迅速に動き回り、鋭いブレードでターゲットを直接攻撃する。それだけではない。このドロイドは大量の小型プローブ・キラーを内蔵している。プローブ・キラーは放出されると散開して歩兵を攻撃し、最後には自爆するのだ!」
ジョハール・ケッセン[出典]

SD-K4アサシン・ドロイド(SD-K4 assassin droid)、別名分離主義勢力アサシン・プローブ(Separatist assassin probe)はテクノ・ユニオンが製造したアサシン・ドロイドである。刃が付いた6本の脚を武器として使い、プローブ・キラーと呼ばれる小型のアサシン・ドロイドを大量に内蔵していた。

歴史

クローン戦争中の21 BBY新マンダロリアン政権の指導者であるサティーン・クライズ女公爵を暗殺するため、3機のSD-K4アサシン・ドロイドがスターシップコロネット>に送り込まれた。ドロイドはタル・メリク元老院議員の手引きで厳重な警備をくぐり抜け、貨物に紛れて船内に入った。ドロイドたちは見張りのクローン・トルーパーレッドアイミクサーを殺害したが、すぐにアナキン・スカイウォーカーに発見され、1体がトルーパーたちに破壊された。別の1体はターボリフトを登って議員たちのいる部屋へ攻め入ったがオビ=ワン・ケノービに破壊され、プローブ・キラーも撃退された。最後の1体はスカイウォーカーが投げたライトセーバーで脚を切断され、クローン・キャプテンレックスにとどめを刺された。

銀河内戦の時代、銀河帝国もこの種のアサシン・ドロイドを使用した。また、反乱同盟もSD-K4の改良型を開発し、一部をサポンザ傭兵団に提供していた。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]