FANDOM


RX-200ファルシオン級アサルト・タンク(RX-200 Falchion-class assault tank)はスタン・キャノン・タンク(Stun canon tank)という呼び名でも知られた共和国グランド・アーミーの地上用ビークルである。クローン戦争の時代に使用された。このタンクから発射される照射式のビームは敵のドロイドを停止させる効果を持っていた。

歴史

Stun tanks on Coruscant

ジロ・ビーストを攻撃するスタン・キャノン・タンク

クローン戦争中、スタン・キャノン・タンクは共和国グランド・アーミーの戦力として独立星系連合との戦いに投入された。マラステアの戦いでは、分離主義勢力のハイエナ級ボマーに対抗する対空砲台の役割を果たした。スタン・キャノン・タンクの攻撃は一定の効果を挙げたが、機能停止したボマーが共和国側の陣地に落下した影響で少なくとも3機のAT-TEウォーカーが巻き添えになってしまった。その後、タンクはエレクトロ=プロトン爆弾によって眠りから覚めたジロ・ビーストとの戦いでも使用された。しかしタンクのほとんどは縦穴から這い出てきた巨獣によって破壊されてしまった。[2] ジロ・ビーストが移送先のコルサントでも騒動を起こした際も、ギャラクティック・シティに配備されたスタン・キャノン・タンク部隊が対応に回された。[3]

登場作品

参考資料

脚注

  1. 出典:TwitterLogo @HolocronKeeperリーランド・チー) - Twitter. “@LelalMekha Fair to assume species names are the same unless you hear otherwise. Same goes for planets. And ship models.” スクリーンショット
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 出典:TCW mini logo クローン・ウォーズいにしえの巨獣
  3. 出典:TCW mini logo クローン・ウォーズコルサント炎上
共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。