FANDOM


RA-7プロトコル・ドロイド(RA-7 protocol droid)、別名インセクト・ドロイド(Insect Droid)はクローン戦争当時から銀河系社会で一般的に使用されていたアラキッド・インダストリーズ社製のプロトコル・ドロイドである。その別名の通り、頭部のデザインが昆虫に似ていた。

特徴

RA-7militarybase

共和国のRA-7ドロイド

RA-7プロトコル・ドロイドはインセクトイドに似た頭部を持つ、ヒューマノイド型の体格のドロイドである。彼らは広域フォトレセプターを備え、反射防止のコーティングを施されていた。22 BBY頃に使われていた一部のRA-7プロトコル・ドロイドはサイボット・ギャラクティカ社3POユニットTCシリーズ・プロトコル・ドロイドとよく似たボディを持っていたが、19 BBY頃には、インターフェース接続ポートを備えたオリジナル仕様のボディになっていた。

アラキッド・インダストリーズ社は銀河帝国のために特別にRA-7プロトコル・ドロイドを製造していた。ほとんどのプロトコル・ドロイドとは異なり、RA-7は実に不快な個性を持ち、ほぼ常にスパイとして使われた。また、RA-7は帝国軍将校の使用人として超兵器デス・スターに多数乗り込んでいたことから、“デス・スター・ドロイド”(Death Star droid)というニックネームでも知られた。

歴史

クローン戦争の初期、RA-7プロトコル・ドロイドの4A-7分離主義勢力の司令官アサージ・ヴェントレスに仕えていた。彼はテスの戦いジェダイパダワンアソーカ・タノに破壊された。

RA-7プロトコル・ドロイドのAP-5共和国グランド・アーミー分析ドロイドを務めていた。彼はヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り込み、ライロスの戦いで共和国の戦術を分析した。帝国時代、AP-5はクラス4コンテナ輸送船在庫管理ドロイドとして働くことになったが、アストロメク・ドロイドチョッパーと出会い、反乱軍に転向した。

登場エピソード

参考資料