Fandom

Wookieepedia

R6シリーズ・アストロメク・ドロイド

9,228このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

R6シリーズ・アストロメク・ドロイド(R6-series astromech droid)はインダストリアル・オートマトン社が製造したRシリーズアストロメク・ドロイド

概要

称賛されたR2型

最新のドロイドの足下にも及ばないなどとからかわれることもあったが、R2ユニットは各方面から称賛されたアストロメク・ドロイドだった。インダストリアル・オートマトン社は後継タイプであるR5ユニットが市場で不評だったので非難を浴びた。その結果として、会社は開発姿勢を改め、二度と同じ轍を踏むまいと誓った。帝国が工ンドアで敗れて生まれた新しい銀河の秩序の始まりは、同社にとってもいい機会だった。

生まれ変わった会社

エンドアの戦いの直後、できたばかりの新共和国フレイテック社に新しい宇宙戦闘機、Eウイングを発注した。XウイングやYウイングのように、この新型機もドロイドを搭載するタイプだったので、インダストリアル・オートマトン社はEウイング用に最先端のアストロメクを独占的に供給すると申し出た。新共和国は、同社の申し出を受けることにした。こうして、R5ユニットとは違い、宇宙戦闘機向けに特化したR7ユニットが設計されることになった。

この合意はインダストリアル・オートマトン社に幸運をもたらすはずだったが、Eウイング自体の開発が遅れ、R7ユニットの開発も遅れることになった。

その間に、設計チームの技術者がいくつかのアイデアを別の形で製品化することにした。その結果がR6ユニットである。インダストリアル・オートマトン社はR5ユニットの正当な後継タイプとして同じボディを使用した。このR6ユニットはオリジナルであるR2ユニットの拡張性と信頼性が移植されたが、価格は低く抑えられていた。 R6ユニットはR2ユニットのIOを上回る12のハイパースペース・ジャンプのデータが記憶できた。 R5ユニット失敗の汚名を返上したかったインダストリアル・オートマトン社は、大規模な広告戦略を展開し、オリジナルのR2ユニットより安く、より能力の高いドロイドの知名度を高めていった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki