FANDOM


「マスター、今アストロメク・ドロイドの代わりが届いたとこよ。この子、R3-S6。新型のR3は旧型のR2ユニットと比べて思考速度も速いし、ずっと強力だって聞いた」
アソーカ・タノ[出典]

R3-S6クローン戦争独立星系連合スパイとして活躍したR3シリーズ・アストロメク・ドロイドである。インダストリアル・オートマトン社によって、惑星ヌビアで製造された。彼は共和国グランド・アーミーに所属していたが、密かに銀河共和国の活動を妨害し、真の主人であるグリーヴァス将軍に報告を行っていた。ボサウイの戦いの後、R3-S6はR2-D2の代役としてジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーのもとへ配属される。スカイウォーカーの親友だったR2-D2はボサウイの戦いで行方不明になっていた。ジェダイ・ナイトは新しいアストロメクを歓迎しなかったが、彼のパダワンであるアソーカ・タノは、R3ユニットに“ゴールディ”(Goldie)という愛称をつけた。その後、R3-S6はボサウイ小惑星帯でR2-D2の捜索に参加し、スカイウォーカーやタノと一緒にガー・ナクト廃品回収船ヴァルチャーズ・クロウ>に乗り込む。R3-S6は誤操作に見せかけて船内のIGシリーズアサシン・ドロイドを起動したが、ジェダイライトセーバーで暗殺機械を撃退した。R3-S6の計画は失敗に終わったものの、ジェダイはナクトに囚われていたR2-D2を見つけることができないまま廃品回収船を去る。

その後R3-S6は、分離主義勢力秘密基地捜索任務へ向かうスカイウォーカーに同伴し、デルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターアストロメク・ソケットに搭乗する。R3ユニットはこの任務でもジェダイの任務を妨害し、追跡ビーコンを作動させてグリーヴァス将軍のミュニファスント級フリゲート艦隊にスカイウォーカーの居場所を報せた。グリーヴァスとR3-S6の罠に陥ったスカイウォーカーはヴァルチャー・ドロイドの大軍に追い詰められたが、タノとクローン・キャプテンレックスに命を救われる。この一件でR3-S6に愛想をつかしたスカイウォーカーは、ドロイドを“スタッビー”(Stubby)と呼ぶようになった。それから間もなく、ジェダイは敵地にいるR2-D2から信号をキャッチし、その発信源をたどって秘密基地スカイトップ・ステーションを発見した。ステーションの内部に潜入した後、スカイウォーカーはタノ、R3-S6、クローン・トルーパー分隊反応炉の破壊を任せ、自分はR2-D2を探しに行った。任務の最中、R3-S6はクローン・トルーパーたちの足を引っ張り、グリーヴァス将軍と戦うタノを妨害して自分がスパイだったことを明かした。スカイウォーカーに救出されたR2-D2が脱出のためハンガー・ベイのブラスト・ドアを開こうとした時、R3-S6はR2ユニットの後を追い、アストロメク同士の決闘に臨む。この戦いに敗れたR3-S6は、基地の通路から突き落とされ、破片とぶつかってバラバラに砕けた。

経歴

分離主義者のスパイ

「ゴールド中隊のゴールド・リーダーにゴールドのドロイド! これ以上はないでしょ」
アソーカ・タノ[出典]

R3シリーズ・アストロメク・ドロイドのR3-S6は、惑星ヌビアインダストリアル・オートマトン社によって製造された。クローン戦争中の22 BBY、このアストロメク・ドロイド独立星系連合グリーヴァス将軍の手先として、銀河共和国グランド・アーミーに潜り込んだ。彼に与えられた任務は、スパイとしてグリーヴァスに報告を行うことと、ジェダイの活動を妨害することだった。

R3S6

R3-S6

ボサウイの戦いの後、R3-S6はジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカー将軍のもとへ配属され、彼のアシスタントを務めることになった。スカイウォーカーにはもともとR2-D2という歴戦の相棒がいたが、このR2ユニットボサウイ小惑星帯でスカイウォーカーのデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターがダメージを負って爆発した際に行方不明になってしまった。スカイウォーカーのパダワンであるアソーカ・タノは、ヴェネター級スター・デストロイヤー格納庫でR3-S6をマスターに紹介した。彼女はR3-S6のボディが金であることに目をつけ、共和国宇宙軍ゴールド中隊リーダーを務めるスカイウォーカーにお似合いの相棒だとはやし立てる。スカイウォーカーは新しいドロイドを歓迎しなかったが、タノはボディカラーにちなんでR3-S6に“ゴールディ”というニックネームをつけた。

R3-S6はスカイウォーカーやタノと一緒にG9リガー貨物船トワイライト>に乗り込み、惑星ボサウイ軌道小惑星帯でR2-D2を捜索することになった。彼らはスカイウォーカーの戦闘機の残骸を発見するが、アストロメク・ソケットにR2-D2の姿はなかった。その直後、一行は戦場跡地でゴミ漁りをする<ヴァルチャーズ・クロウ>という名のGS-100廃品回収船を見つけ、R2-D2が回収されていないか確認するためドッキングした。このの持ち主、トランドーシャン廃品回収業者ガー・ナクトは2人の“客”を出迎え、R3-S6をC-14ドロイドと交換しないかと持ちかけた。ジェダイはこの申し出を拒否し、R2シリーズのアストロメク・ドロイドならクレジットに糸目をつけず購入すると告げた。ナクトは倉庫の中にR2ユニットがあったかもしれないと答え、彼らを船内へ案内する。倉庫に足を踏み入れると、スカイウォーカーはR2ユニットの記録を探すためコンピューター積荷目録にアクセスするようR3-S6に命じた。その時、一行はR2-D2の声に似た音を耳にする。

Anakin Ahsoka and R3-S6 search for R2-D2

スカイウォーカー、R3-S6、タノ

スカイウォーカーは音のした方向へ走り、行く手を遮るドアを開くようR3-S6に命じたが、このドロイドは操作ミスのふりをして倉庫のIG-86歩哨ドロイドを起動する。ライトセーバーアサシン・ドロイド撃退した後、スカイウォーカーは簡単な命令すら実行できないアストロメク・ドロイドを叱りつけた。R3-S6はようやくドアを開いたが、その向こうにいたのはガー・ナクトだった。スカイウォーカーはライトセーバーをトランドーシャンに向け、R2-D2を差し出すよう脅しつけたが、タノになだめられて苛立ちを抑えた。彼らはR2-D2はいなかったと結論づけて<ヴァルチャーズ・クロウ>を去り、<トワイライト>でスター・デストロイヤーレゾリュート>へ戻る。その後、スカイウォーカーは分離主義勢力の情報収集拠点の捜索任務を与えられた。タノは1人で出撃しようとするスカイウォーカーに、R3-S6を連れて行って友情をはぐくむチャンスをつくってはどうかと提案した。

スカイウォーカーは弟子のアドバイスを聞き入れ、R3ユニットを載せたスターファイターでハイパースペースにジャンプした。目標の宇宙領域に到着した後、R3-S6は機体の長距離スキャナーを起動するよう命じられたが、うっかり間違えたように見せかけて追跡ビーコンを発信した。この信号を受け取ったグリーヴァス将軍は、ミュニファスント級スター・フリゲート艦隊を率いてスカイウォーカーの座標へジャンプした。スカイウォーカーはハイパースペースに逃げ込む準備をするよう指示したが、R3-S6はスターファイターとハイパースペース輸送リングのドッキングを解除し、ジェダイの逃走手段を奪った。ハイパードライブのリングを破壊されたスカイウォーカーは、大量のヴァルチャー・ドロイドと死闘を繰り広げ、迫りくるミサイルを撃破する。R3-S6が船のエンジンブラスター砲を停止させると、スカイウォーカーは絶体絶命のピンチに陥ったが、追跡ビーコンを受信したタノとクローン・キャプテンCT-7567(レックス)が<トワイライト>で戦場に駆け付け、スカイウォーカーの命を救った。デルタ7Bを格納庫に収納した<トワイライト>がハイパースペースに飛び込んだ後、スカイウォーカーはR3-S6を罵り、生き残ることができたのは奇跡だと言い放った。

スカイトップ・ステーション

その後、<トワイライト>はR2-D2から送信された信号を傍受する。実はガー・ナクトに捕まっていたR2-D2は、衛星ルーサン2にある分離主義勢力の情報収集基地、スカイトップ・ステーションへ運ばれていた。メッセージを追跡してルーサンに辿り着いた後、スカイウォーカーはR3-S6に命じてスクランブル・コード“1477”の通信を開き、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービに連絡を取った。スカイウォーカーはステーションを発見することができたのはR2-D2の手柄だと報告したが、ケノービはR2-D2のメモリー・バンクが敵の手に渡った場合のリスクを考え、ドロイドの救出より基地の破壊を優先するよう命じた。しかし、スカイウォーカーはタノ、キャプテン・レックス、クローン・トルーパー分隊とR3-S6を引き連れ、スカイトップ・ステーションへの潜入作戦を敢行する。

キャプテン・レックスはR3-S6を抱え、スカイウォーカー、タノ、部下たちとともに<トワイライト>からスカイトップ・ステーションへ飛び降りた。ジェダイはフォース、クローン兵士はジェットパックを使ってステーションに着地し、スカイウォーカーがライトセーバーで侵入口を切り開いた。R3-S6はステーション内でコンピューターにアクセスするよう命じられ、施設のホロマップを表示した。スカイウォーカーはタノとレックスに反応炉の破壊を命じ、自身は1人でR2-D2の捜索に向かった。R3-S6は反応炉区画へ向かうチームに同伴したが、途中で集団から離れ、ジェダイがステーションに潜入していることをグリーヴァス将軍に報告する。R3-S6はタノに見つかる前に将軍とのホログラム通信を終え、クローンたちとともにレイ・シールドで保護された反応炉区画のドアの前までたどり着いた。タノはR3-S6にシールドの解除を命じたが、アストロメクがもたついているうちに、B1およびB2バトル・ドロイドに見つかって挟み撃ちに遭ってしまった。

Epguide007

R2-D2との決闘

タノとクローン・トルーパーはEMPグレネードでバトル・ドロイドを撃退したが、間もなくグリーヴァス将軍が反応炉区画に姿を現した。R3-S6はサイボーグの将軍がトルーパーたちを圧倒し、タノとライトセーバーの対決を繰り広げるのを見守った。タノは劣勢を悟って一時退却し、暗い倉庫へ逃げ込んで姿を隠したが、R3-S6はグリーヴァスのために彼女の居場所をスポットライトで照らし出した。パダワンは再度グリーヴァスの攻撃をしのいで暗闇に潜み、R3-S6が将軍と会話するのを盗み聞きしてこのドロイドが分離主義者のスパイだったことに気づいた。倉庫を離れたR3-S6は、先ほどの戦いを生き延びたキャプテン・レックスとトルーパー・デナルが反応炉区画に爆弾を設置しているのを見つける。R3-S6とクローンたちはステーションの格納庫へ移動し、R2-D2の救出に成功したスカイウォーカーと落ち合った。タノが1人でグリーヴァスと戦っていることを知ったスカイウォーカーは救出に向かおうとしたが、R3-S6はハンガー・ベイのブラスト・ドアを封鎖し、2機のヴァルチャー・ドロイドのスイッチを入れた。

スカイウォーカーはR3-S6がグリーヴァスの手下だったことに気づいたが、ヴァルチャー・ドロイドの攻撃を防がなければならず、スパイを倒すどころではなかった。R2-D2がハンガー・ベイのドアを開けるためステーションの外の細長い通路に設けられたアストロメク・ポートへ向かうと、R3-S6はその後をつけ、R2ユニットを妨害した。2体のアストロメク・ドロイドはそれぞれの機能を駆使して決闘を繰り広げ、互いを電気ショックで攻撃した。R3ユニットが機能を一時停止すると、R2-D2はハンガー・ベイのドアを開いて<トワイライト>の脱出を可能にする。R3-S6は目を覚まして再度戦いに臨んだが、R2-D2からフォトレセプターにオイルを浴びせられ、通路から突き落とされそうになった。R3-S6が相手のボディにケーブルをくっつけて持ちこたえると、R2-D2は先ほどのオイルを利用してロケット・ブースターで足場を燃やし、回転ノコギリでケーブルを切断する。スカイトップ・ステーションが崩壊していく中、R3-S6は通路から落ちて破片とぶつかりバラバラになった。その後、R2-D2はスカイウォーカーのデルタ7Bと合流し、爆発するステーションから脱出を遂げた。

特徴

GrievousGoldie-DotD

グリーヴァスに報告を行うR3-S6

R3-S6は男性プログラムのインダストリアル・オートマトン社製R3シリーズ・アストロメク・ドロイドで、全高は1.09メートルだった。彼はボディをブラック、頭部をゴールドで塗装されており、アソーカ・タノからは“ゴールディ”というニックネームをつけられていたが、アナキン・スカイウォーカーからは“スタッビー”(ドジ)と呼ばれていた。クローン戦争当時、新型機種だったR3-S6は、旧型のR2ユニットより計算能力が高く強力だとされていた。R3-S6はホロプロジェクター、コンピューター接続用アーム、スキャナー・アンテナ、電流発生装置、ケーブル発射装置、フラッシュライトなど、数多くのツールを搭載していた。

分離主義勢力に仕えるダブル・エージェントだったR3-S6は、自らの真の任務を巧妙に隠しながら、ジェダイや共和国軍の作戦を妨害していた。本当の主人であるグリーヴァス将軍の命令通り、R3-S6はジェダイ・ナイト・スカイウォーカーの命を危険にさらし、間接的に彼を殺そうとした。スカイウォーカーはこのR3ユニットのことを嫌い、疑念を抱いていたものの、スカイトップ・ステーションで明らかな敵対行動をとったとき初めて、ようやく彼がスパイだと気づいた。また、R3-S6が命令を無視する傾向にあることに気づいていたキャプテン・レックスは、レイ・シールドを解除する役目をこのドロイドに与えることに反対していた。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。