Fandom

Wookieepedia

R1シリーズ・アストロメク・ドロイド

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

R1シリーズ・アストロメク・ドロイド(R1-series astromech droid)はインダストリアル・オートマトン社が生産したRシリーズアストロメク・ドロイドのひとつ。

概要

インダストリアル・オートマトン社、通称IA社は、R1シリーズ・アストロメク・ドロイドの生産よりも前に着手した、P2シリーズ・アストロメク・ドロイドの発売に失敗していた。IA社はアストロメク計画を再開するべく新たにR1ドロイドを企画する。会社の経営は苦境にあったため、R1はできるだけ低予算で製造しなければならなかった。その結果、R1開発チームは同社のドロイドであるマークIIリアクター・ドローン・シリーズのボディを再利用することにした。このような古くさいデザインを採用したため、R1はドロイド技術的には後退したように見えたが、実際は前身であるP2よりははるかに洗練されていたのでる。

ます第一に、RIユニットのほうが反応が早く、知能も高かった。このドロイドには最新のインテレックスIIIコンピューターが装備されており、500の異なる宇宙船の情報が記憶できたし、ハイパースペース・ジャンプの座標計算も1回ずつならばこなすことが可能だった。さらに付け加えると、R1ユニットはIA社のアストロメク・ドロイドとして初めて、革命的なドロイド言語を用いたものだった。口笛のようでありブザー音のようでもあるこの言語は、その後のすべてのIA社製アストロメク・ドロイドに成功をもたらすカギとなった。情報が凝縮されたこの言語のおかげて、RIは他のドロイドやデータ・ネットワークとの効果的な情報交換が可能となったのである。

このような劇的な進歩があった反面、RIには依然としていくつかの欠点もあった。まず最初に、大型の貨物船や戦艦クラスでないと搭載できないほどサイズが大きかった。そして進むのが遅かった。実際、そのあまり効率のよくない移動装置の故障のせいで、いつも一番都合の悪い場所で立ち往生してしまうという悪評が広まっていたのである。

また、このドロイドの頑固なパーソナリティーはしばしば効果的な活動の障害となったのであった。

R1のユニット

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki