FANDOM


Windu Angry

ライトセーバーのプラズマの刃

プラズマ(Plasma)は個体・液体・気体とは異なる、ユニークな電磁特性を備えた物質の状態を指す。ミッド・リム惑星ナブーの多孔性の地殻には豊富なプラズマ資源が眠っていた。この星の原住民であるグンガンや、ナブー人と呼ばれる人間の入植者たちは母星の地下深くからプラズマを採鉱していた。ナブー人の首都であるシードにも、かつては多くのプラズマ鉱山が存在した。

精錬されたプラズマはさまざまなテクノロジーに利用された。ジェダイシスの象徴的武器であるライトセーバーは、純粋なプラズマ・エネルギーの刃を放出した。クローン戦争の時代、アンバラン民兵電磁プラズマ砲と呼ばれる兵器を使用し、MHCタンクホバー・タンクといったさまざまなビークルに搭載していた。彼らの電磁プラズマ砲はたった1発で敵の歩兵小隊をまるごと壊滅させることが可能だった。また、板状のプラズマを空中に投射することにより、人や地上用ビークルが上を歩くことのできるエネルギーの橋を作ることも可能だった。また、ウーキーが使うボウキャスターはプラズマ・エネルギーを装填することにより矢の発射速度を増幅させていた。

参考資料

外部リンク

他言語版