FANDOM


OOM-14は、バクトイド・コンバット・オートマタ社によって製造された、男性プログラムOOMコマンドB1バトル・ドロイドである。トレード・フェデレーションドロイド軍団に属した。32 BBYに行われた惑星ナブーへの侵略の中で、OOM-14は茶色いキューブ状のドロイド・コントロール・プログラムを護衛するため、都市ハート・セクールで小規模な部隊の指揮を執っていた。しかしOOM-14はハート・セクールのナブー王室保安軍に敗北してプログラムを失ってしまい、彼の部隊は機能を停止してしまった。トレード・フェデレーション・ヴァイスロイヌート・ガンレイは、プログラムを奪還する任務を侵略を指揮していたコマンド・ドロイドOOM-9に託し、その結果OOM-14たちは無事機能を取り戻した。

経歴

バクトイド・コンバット・オートマタ社によって製造された男性プログラムのOOMコマンドB1バトル・ドロイド、OOM-14は、トレード・フェデレーションドロイド軍団に所属していた。32 BBY、トレード・フェデレーションが惑星ナブーへの侵略を実行した際、OOM-14は惑星への最初の着陸と、5つあったドロイド・コントロール・プログラム茶色いキューブ状の装置)のうちのひとつの防衛を任された。この装置は、ドロイド軍団の機能を保つ役割を持っていた。しかしプログラムを盗み出すために都市ハート・セクールからナブー軍が現れ、OOM-14は装置の防衛に失敗してしまった。彼の部隊は機能を停止してしまう。プログラムがナブー側の手にあってはトレード・フェデレーションの侵略活動が危うくなると考えたヴァイスロイヌート・ガンレイは、彼個人のコマンド・ドロイドであるOOM-9に、ハート・セクールからプログラムを奪還する任務を与えた。OOM-9は任務を成功させ、OOM-14の部隊を復活させた。その後OOM-9に指揮され、ハート・セクールへの報復攻撃が行われた。

特徴

OOM-14's deactivated army

機能停止したOOM-14の部隊

OOM-14は、高さ1.91メートルのB1バトル・ドロイドだった。このOOMコマンド・ドロイドはバクトイド・コンバット・オートマタ社によって製造された。男性プログラミングを施されたOOM-14は、E-5ブラスター・ライフルで武装していた。

制作の舞台裏

OOM-14は、PCビデオゲームスター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド』やその拡張版で言及されるキャラクターである。ロバート・パイク・ダニエルが吹き替えを担当した。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki