FANDOM


BithBand

ブーンタ・イヴ・クラシックで演奏を行うビスクオレンバシスヒップニクト種族ミュージシャンたち

音楽(Music)は音を楽しむ芸術である。銀河系の多くの知覚種族が、音楽を楽しむ文化を持っていた。音楽は主に歌声や楽器によって表現され、歌手や楽器の演奏者はミュージシャンと呼ばれた。ミュージシャンはバンドを組んで活動することで、単一の楽器だけでは表現できない楽曲を演奏した。

帝国時代タトゥイーンではフィグリン・ダンとモーダル・ノーズの『わたしに夢中』やマックス・レボ・バンドの『ラプティ・ネク』といった楽曲が人気だった。[1]

音楽は政治的な主張の発信方法として用いられることがあった。反体制ソングを製作したハッコー・ドラズリップ・アンド・ザ・トゥートゥル・フルーツのメンバーは銀河帝国によって逮捕されてケッセルスパイス鉱山送りとなり、彼らの楽曲『ヴェイダーの人工器官』は放送禁止となった。[2]

主な登場作品

Unidentified female singer

クローン戦争期にギャラクティック・シティの各地に貼りだされていた女性歌手の宣伝ポスター。オーラベッシュで「毎晩コンサート 連絡先 050506」と書かれている。

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版