FANDOM


LR-57コンバット・ドロイド(LR-57 combat droid)、通称リテイル・コーカス・ドロイド(Retail Caucus droid)はリテイル・コーカスが製造したバトル・ドロイドである。クローン戦争中、独立星系連合が使用した。

特徴

リテイル・コーカス製LR-57コンバット・ドロイドは、樽のような胴体にひょろ長い手足がついた重火器バトル・ドロイドである。全長2.58メートルで、両手の先に2連レーザー砲が搭載されていた。[2]

歴史

リテイル・コーカスはドゥークー伯爵独立星系連合に加わった無数の企業のひとつだった。トレード・フェデレーションコマース・ギルドコーポレート・アライアンスと同様、リテイル・コーカスも独自のバトル・ドロイドを所有していた。クローン戦争中、「リテイル・コーカス・ドロイド」という通称で知られたLR-57コンバット・ドロイドはグリーヴァス将軍指揮下の分離主義勢力ドロイド軍の戦力に加わった。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。