FANDOM


KX12レーザー砲(KX12 laser cannon)はテイム&バック社が製造したレーザー砲インコム=フレイテック社T-70 Xウイング・ファイターの4枚の翼にはKX12レーザー砲が搭載されていた。

特徴

KX12レーザー砲はテイム&バック社が開発したスターファイターレーザー砲である。ロングバレルによってレーザーを安定させ、射程範囲を広げていた。KX12は外部から供給されたエネルギーを砲身後部のレーザー発生装置やプラズマ化合物噴射装置に流し、レーザー冷却筒とレーザー・ブラスト集光管を通過させ、砲口のレーザー・ブラスター変換機から発射した。砲口の近くにはU字に反り返った磁気逆流遮断装置(マグネティック・フラッシュバック・サプレッサー)が設置され、レーザーの逆流によるダメージを防いだ。[1]

X-wing vs TIE fighter on Takodana

KX12レーザー砲でファースト・オーダーTIEファイターと戦うレジスタンスT-70 Xウイング・ファイター

インコム=フレイテック社T-70 Xウイング・ファイターは4枚のSフォイル翼の端にKX12レーザー砲を搭載していた。KX12用のレーザー・エネルギー充電池は翼の中に組み込まれ、動力連結器で砲身に接続していた。T-70のKX12は単発、2連、4連の射撃が可能だった。[1]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。