FANDOM


IG-88フラットドロイド(Phlutdroid)とも呼ばれたIGシリーズアサシン・ドロイド賞金稼ぎホスの戦いの直後、IG-88はシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの招集に応じ、他数名の賞金稼ぎとともにスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に集まった。IG-88は<ミレニアム・ファルコン>と反乱軍のメンバーを捕まえよというヴェイダーの依頼を完遂することができず、賞金はボバ・フェットの手に渡った。

経歴

IG-88は「フラットドロイド」の異名を持つIGシリーズアサシン・ドロイドである。ホロワン研究所によって開発されたIG-88は、通常のバトル・ドロイドと違って主人を持たず、独立して行動するようプログラムされていた。やがて彼は銀河系で最も恐れられる賞金稼ぎの1人となり、クローン戦争終結後にアサシン・ドロイドがアウトローな存在となった後も活躍をつづけた。また、彼は悪名高いボバ・フェットのライバルだった。

0 ABYヤヴィンの戦いの直後、IG-88は惑星タトゥイーンにある犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレ宮殿に滞在していた。シス卿ダース・ヴェイダーハットと交渉するため宮殿を訪れた時、IG-88は4-LOM、ボバ・フェットといった同業者たちとともにその場に居合わせた。3 ABYホスの戦いの直後、IG-88はヴェイダーの招集に応じ、彼の旗艦であるスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>のブリッジに集まった。ヴェイダーはIG-88、フェット、4-LOM、ボスクデンガーらにハン・ソロ船長YT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>の追跡を依頼したが、この任務に成功して報酬を受け取ったのはIG-88ではなく、彼のライバルのフェットだった。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。