Fandom

Wookieepedia

IG-72

9,726このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

IG-72フラットドロイド計画の一体として作成されたIGシリーズのプロトタイプ。フルト・デザイン・システムズ社によってクローン戦争中に製造されたIG-72は、フルトの資産が銀河帝国の初期の時代に活躍したホロワン研究所によって引き継がれたときに利用されなくなってしまった。4体のほぼ同型のIG-88ドロイドたち同様、IG-72は帝国の役に立つアサシン・ドロイドとなるべく、他のドロイドたちがまだ惑星ハロワンにいるときに起動された。しかし、服従回路のテスト中、最初のIG-88は知覚力プログラムをダウンロードしてホロワンの技術者を全員虐殺してしまった。彼は同じモデルのドロイド脳に自分自身のプログラムをアップロードした。だが、IG-72は独立した状態を好んでいたため、これを断った。ドロイドたちがホロワンの人員を根絶やしにした後、IG-72は彼らと別の道を進んだ。彼は彼らとは別に帝国のために働いたのである。

だが、銀河帝国からメモリーを消去してシャットダウンするよう指令が下ったとき、IG-72は彼らの保護下に戻ることを拒否し、バウンティ・ハンターとして独立することを選んだ。彼は多くの成功を収め、IGシリーズの悪名を上げ、有名な傭兵デイス・ボニアームとともに働く。他の人々による彼を破壊しようとする試みを退け、IG-72は自分のパワーを保存するため姿を隠した。帝国から逃げるアダー・タロンを追う時にIG-72は復帰する。彼はタトゥイーンモス・アイズリーでタロンと反乱同盟軍の仲間を襲撃し、タロンを殺害する目的で自爆したが、失敗に終った。

経歴

Wiki-shrinkable.png この記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

  • Therefore I Am: The Tale of IG-88
  • A Hunter's Fate: Greedo's Tale
  • Tatooine Manhunt (初登場)
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki