FANDOM


IG-100マグナガード(IG-100 MagnaGuard)はホロワン・メカニカルズ社が製造したバトル・ドロイドグリーヴァス将軍のお気に入りで、クローン戦争中にボディガードとして利用されていた。ジェダイライトセーバーに対抗できるエレクトロスタッフを装備し、熟練したジェダイにとっても手ごわい敵となった。マグナガードは手足や頭部を失っても戦い続けることができた。

特徴

IG-100マグナガードはホロワン・メカニカルズ社製のボディガードドロイドで、同社のIGアサシン・ドロイドとは遠戚のような関係にあった。他のほとんどのバトル・ドロイドよりも優れた高位ドロイドだったマグナガードは、ジェダイライトセーバーとも渡り合えるエレクトロスタッフを装備していた。バックアップ・システムを搭載していたため、手足や頭部を失っても戦い続けた。独立星系連合グリーヴァス将軍に仕えていたマグナガードは、将軍の故郷の伝統に従ってマントを着用していた。

歴史

クローン戦争中、グリーヴァス将軍は多くのジェダイと対決することを予想してマグナガードにひとりで集団の敵を相手にする戦闘技術を仕込んだ。グリーヴァスはマグナガードだけではジェダイを全滅させることは出来ないと考えていたが、敵がこのバトル・ドロイドとの戦いで疲弊すれば、容易に止めを刺すことができるだろうと予想していた。クローン戦争の末期、グリーヴァスは旗艦インヴィジブル・ハンド>や惑星ウータパウの本拠地にマグナガードを同伴させた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。