FANDOM


IG-100マグナガード(IG-100 MagnaGuard)はホロワン・メカニカルズ社が製造したバトル・ドロイドグリーヴァス将軍のお気に入りで、クローン戦争中にボディガードとして利用されていた。ジェダイライトセーバーに対抗できるエレクトロスタッフを装備し、熟練したジェダイにとっても手ごわい敵となった。マグナガードは手足や頭部を失っても戦い続けることができた。

特徴

IG-100マグナガードはホロワン・メカニカルズ社製のボディガードドロイドで、同社のIGアサシン・ドロイドとは遠戚のような関係にあった。他のほとんどのバトル・ドロイドよりも優れた高位ドロイドだったマグナガードは、ジェダイライトセーバーとも渡り合えるエレクトロスタッフを装備していた。バックアップ・システムを搭載していたため、手足や頭部を失っても戦い続けた。独立星系連合グリーヴァス将軍に仕えていたマグナガードは、将軍の故郷の伝統に従ってマントを着用していた。

歴史

クローン戦争中、グリーヴァス将軍は多くのジェダイと対決することを予想してマグナガードにひとりで集団の敵を相手にする戦闘技術を仕込んだ。グリーヴァスはマグナガードだけではジェダイを全滅させることは出来ないと考えていたが、敵がこのバトル・ドロイドとの戦いで疲弊すれば、容易に止めを刺すことができるだろうと予想していた。クローン戦争の末期、グリーヴァスは旗艦インヴィジブル・ハンド>や惑星ウータパウの本拠地にマグナガードを同伴させた。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ローグ級スターファイター
[テンプレート]