FANDOM


ホログライドJ57カム・ドロイド(Hologlide J57 cam droid)はポッドレースの中継などに使用されたカム・ドロイドのモデルである。

歴史

銀河共和国時代の末期、ホログライドJ57カム・ドロイド惑星タトゥイーンで開催されるブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースの中継に用いられてた。このドロイドはレース・サーキットの上空に浮かんであらゆる角度からポッドレースを撮影し、観客に映像を送信した。ホログライドJ57は空に浮かぶことでジャワをはじめとする廃品回収業者に捕まるのを免れていたが、それでもなおタスケン・レイダーの射撃の的にされることがあった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注