FANDOM


「色々試みたが、ガンシップの的になっただけだ」
ソウ・ゲレラ[出典]

HMPドロイド・ガンシップ(HMP droid gunship)はバクトイド・フリート・オードナンス社が製造したリパルサーリフトガンシップ。HMPはヘビー・ミサイル・プラットフォームの略で、各種レーザー砲と高起爆性ミサイルで武装していた。クローン戦争独立星系連合が使用し、共和国グランド・アーミーリパブリック・アタック・ガンシップに対抗した。

特徴

バクトイド・フリート・オードナンス社製HMP(ヘビー・ミサイル・プラットフォーム)ドロイド・ガンシップはさまざまな火器を搭載したリパルサーリフトエアスピーダーである。[1] 全高2.78メートル、全長12.46メートルで、船体中央の円盤部分の直径は9.75メートルだった。[2] 先進のドロイド脳によって運用される無人ガンシップで、顎部レーザー砲1門、回転レーザー砲塔2基、翼部軽レーザー砲2門に加え、高起爆性ミサイルを14発搭載していた。これらの武器は任務に合わせて容易に換装することができた。[1]歩兵装甲ユニットを一掃できる火力を誇り、防御用のレイ・シールドを備えていた。船体下部のミサイル・ポッドはバトル・ドロイド配備用のラックに取り変えることができた。[2]

歴史

HMPドロイド・ガンシップはクローン戦争の後半に導入され、独立星系連合分離主義勢力ドロイド軍によって使用された。[2]銀河共和国グランド・アーミーLAAT/iガンシップに対抗するライバル機として戦闘に参加し、中には改造を受けてバトル・ドロイド用輸送機として使われたものもあった。[1]

登場作品

参考資料

脚注