FANDOM


HAVw A6ジャガーノート(HAVw A6 Juggernaut)、別名クローン・ターボ・タンク(Clone turbo tank)は、クワット・ドライブ・ヤード社が製造した巨大な車輪式タンク。クローン戦争中、共和国グランド・アーミーによって使用され、戦車兼兵員輸送機として活躍した。銀河内戦中、反乱同盟軍もこの車両を使用していた。

特徴

クワット・ドライブ・ヤード社製HAVw A6ジャガーノート(クローン・ターボ・タンク)は、重武装かつ重装甲な車輪式トランスポートである。[1] 耐久性がきわめて高く、堅牢な防御も突破することができたが、比較的速度は遅かった。[3] 12名のクルーによって運用され、最大300名のクローン・トルーパーを運ぶことができた。タンク後部の上方にはポッドが突き出ており、クローン兵の監視員が常駐した。ジャガーノートは超電導アーマーを備え、敵弾を吸収あるいは消散させる能力があった。重レーザー砲塔や対人用キャノン、連射ブラスター、実体弾発射装置で武装していた。[1]

歴史

HAVw A6ジャガーノートはクローン戦争銀河共和国グランド・アーミーによって使用された。クローン・ターボ・タンクとしても知られたこの巨大車両は、共和国軍におけるもっとも強力な地上攻撃兵器のひとつだった。[1]AT-APAT-RTウォーカーと共にキャッシークの戦いに参加した。[2]

ヤヴィンの戦い以降、共和国再建のための同盟はHAVw A6に似たジャガーノート銀河内戦の戦役で使用していた。[3]

登場作品

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。