FANDOM


Hタイプ・ヌビアン・ヨット(H-type Nubian yacht)はシード宮殿宇宙船工学部隊が製造したラグジュアリー・スペース・ヨットである。クローン戦争の時代、ナブーパドメ・アミダラ元老院議員は外交任務などで他の惑星を訪問する際にHタイプ・ヌビアン・ヨットを使用した。

特徴

シード宮殿宇宙船工学部隊製Hタイプ・ヌビアン・ヨットは優美なデザインの非武装宇宙船である。このラグジュアリー・スペース・ヨットは強力なエンジン・バンクと高出力の偏向シールド発生装置を備え、俊足で長旅にも対応していた。Hタイプ・ヌビアン・ヨットの船体にはナブー王室を象徴するクローム仕上げの装飾が施されていた。[1]

歴史

22 BBYナブーの元女王パドメ・アミダラ元老院議員コルサントで発生した暗殺未遂事件Jタイプ外交船を失った。ナブーに戻ったアミダラは、外交船の代わりにHタイプ・ヌビアン・ヨットを与えられ、この新しい船でジェダイパダワンアナキン・スカイウォーカーとともにタトゥイーンを訪れた。[1] タトゥイーン滞在中、スカイウォーカーとアミダラはジオノーシスにいるオビ=ワン・ケノービホログラム・メッセージをヌビアン・ヨットで受信し、コルサントのジェダイ・テンプルに中継した。その後、2人は独立星系連合に捕まったケノービを救出するためヌビアン・ヨットでジオノーシスへ向かう。[3]

クローン戦争の序盤、アミダラはシーヴ・パルパティーン最高議長からインターギャラクティック銀行グループとの交渉任務を依頼され、カリーダ・ショールズ医療センターの近くの領域へジャンプした。しかしそこでは分離主義勢力の大型軍艦マレヴォランス>が共和国宇宙軍戦っており、ヌビアン・ヨットはグリーヴァス将軍の船に捕まってしまった。<マレヴォランス>のハンガーにて、アミダラはヨットの自爆装置を作動させ、グリーヴァスから逃れた。[4]

同じ年、アミダラとジャー・ジャー・ビンクス下級代議員は別のHタイプ・ヌビアン・ヨットでローディア交渉任務へ赴いた。アミダラがローディアンオナコンダ・ファー議員や分離主義勢力のバトル・ドロイドに捕まってしまった後、ジャー・ジャーはハンガーの磁気アームを誤操作し、アミダラのヨットをうっかり破壊してしまった。[5]

21 BBY、アミダラとジャー・ジャーはまた別のHタイプ・ヌビアン・ヨットでナブーの首都シードに戻った。シード・ハンガーでヨットから降り、キャプテングレガー・タイフォニーユートニー女王と対面した後、2人はバトル・ドロイドの目撃情報を調査し、最終的にドクターヌーヴォ・ヴィンディ陰謀を暴いた。[6]

登場エピソード

Padme's yacht captured

アミダラのヌビアン・ヨット

参考資料

脚注

関連項目