FANDOM


「全ての輸送船が脱出するまで守り抜かねばならん」
カーリスト・ライカン将軍[出典]

GR-75中型輸送船(GR-75 medium transport)はギャロフリー・ヤード社が製造した輸送船である。銀河内戦中、共和国再建のための同盟で重要な役割を担った。ホスの戦いでは、エコー基地を放棄した反乱軍の脱出船として使用され、それから1後にはエンドアの戦いにも参加した。

特徴

全長90メートル(300フィート[2]ギャロフリー・ヤード社製GR-75中型輸送船は、民間の輸送会社が使うGR-45の姉妹宇宙船である。[1] 民間船を改造した軍事バージョンだったが[6]、貨物積載スペースを最大限に確保するため、2連レーザー砲偏向シールドという最小限の防御しか備えていなかった。内部はすべて貨物ポッド用の空間になっており、分厚いクラムシェル型の船体パネルが貨物を保護していた。GR-75中型輸送船は生産コストが安い分、整備には細心の注意が必要とされた。[1]

歴史

「スター・デストロイヤーを相手に戦闘機はたったの2機ですか?」
デレク・クリヴィアン[出典]

銀河内戦中、GR-75中型輸送船は共和国再建のための同盟の中で重要な役割を担った。[1] 3 ABY、GR-75は惑星ホスからの脱出船として用いられ、司令部要員を乗せてエコー基地から飛び立った。輸送船1隻につき護衛はXウイング・スターファイター2機だけだったが、反乱軍はエコー基地に設置されたv-150プラネット・ディフェンダーイオン砲を使って銀河帝国インペリアル級スター・デストロイヤーを一時的に機能停止させ、次々と輸送船をホス星系から脱出させた。最初の輸送船<クォンタム・ストーム>が封鎖突破に成功した後、反乱軍のレイア・オーガナは危険を承知で一度に2隻ずつ輸送船を出発させた。[4] ホスの戦いで最後にエコー基地から飛び立った輸送船<ブライト・ホープ>は、ウェッジ・アンティリーズデレク・クリヴィアンウェス・ジャンセンによって護衛された。[1]

4 ABY、数隻のGR-75輸送船がエンドアの戦いに参加した。[7]

知られている船名

Tyrant-disabled

イオン砲で機能停止したスター・デストロイヤータイラント>の横を通過する<クォンタム・ストーム>

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki