FANDOM


G-20グロップ・グレネード(G-20 Glop grenade)は、マー=ソン弾薬社が開発した個人用の手榴弾である。高圧ジェットを使い、粘着性の強い泡を周囲10メートルに噴霧し、敵の動きを封じ込めた。

このグレネードは、爆発するタイミングを接触式かタイマー式(15秒)のどちらかにセットすることが出来た。グレネードは再利用可能で、標的(例えば群衆)を無害に制圧するために使われていた。粘着性の泡は5分経過するともろくなり、専用のエアゾール・スプレーを使えばすぐに分解することが出来た、

コーポレート・セクター・オーソリティは、グロップ・グレネードを広範囲にわたって使用していた。

制作の舞台裏

ダース・モール 闇の狩人』ではグロップ手榴弾と表記されている。

登場作品

Glop grenade egwt

グロップ・グレネード

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki