FANDOM


フォース・パイク(Force pike)は振動刃を備えた棒状の接近戦闘用武器である。スタン・モードに設定することもでき、最低出力のセッティングでも相手に激痛を与えることができた。バイブロ=ランスと呼ばれる軽量化かつ長大なフォース・パイクも存在し、単純な接近戦に加えとして用いることができた。

歴史

銀河共和国時代、最高議長シーヴ・パルパティーンの身辺警護を務めるレッド・ガードたちがフォース・パイクを携帯していた。彼らは共和国が銀河帝国に生まれ変わった後も、皇帝となったパルパティーンのロイヤル・ガードとして護衛任務に務めた。

帝国時代ガル・トレイヴィス元老院議員ドロイド・ガードはエレクトロスタッフで武装していた。

新共和国時代、アリーズ・ハドラシアン率いるアマクシン戦士団のメンバーはフォース・パイクで戦う訓練を受けていた。惑星ダクサムIVを訪れた際、新共和国のランソム・カスタルフォ議員はアマクシンとのフォース・パイク試合を引き受けた。

登場エピソード

参考資料

他言語版