FANDOM


皇帝の顧問(Emperor's adviser)は銀河帝国の官僚機構において最上位の役職である。彼らは帝国の統治者である皇帝シーヴ・パルパティーンの側近を務め、国家運営に関する助言を行った。

概要

皇帝の顧問の多くは、銀河共和国時代にパルパティーンがナブー代表の元老院議員として政界デビューした当時から彼に付き従っていた。顧問の長老たちは帝国ルーリング・カウンシルのメンバーも兼任して帝国の日常を監督し、広範囲にわたる影響力を握っていた。顧問の多くは紫色のローブを着込み、まるで自分が神様でもあるかのように支配下の惑星を闊歩した。しかし、彼らも皇帝のいるところでは謙虚に振る舞った。

歴史

11 BBY当時、ソリライド業界の大物であるデネトリアス・ヴィディアン伯爵が皇帝の顧問団に所属していた。当時ヴィディアンはルーリング・カウンシルのメンバーではなかったが、帝国宇宙軍レイ・スローン艦長は、彼が近いうちに議席を獲得するだろうと推測していた。しかし、彼はこの年に発生したゴース紛争で命を落とす。

4 ABY、皇帝が第2デス・スターの視察に出向いた際、ジェイナス・グリージェイタスシム・アロークレン・ブリスタ=ヴァニーを含む6名の顧問が彼に同伴した。彼らはエンドアの戦い反乱同盟軍がデス・スターを破壊した際に巻き添えになったと思われる。

皇帝の死後、ユープ・タシュ顧問はレイ・スローンが主催した帝国未来議会に参加した。

登場エピソード

参考資料