FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「死は人生の理じゃ。身近な者がフォースと一体になることを喜ぶのじゃ」
ヨーダ[出典]
PadmeFuneral

パドメ・アミダラの亡骸

(Death)は生命体が生命機能を失うこと。死んだ生命体は外部からのあらゆる刺激を永久的に受け取れなくなる。死者の精神は異なる世界へ移動し、宇宙のフォースとひとつになった。しかし、一部のジェダイ生けるフォースの秘密を学ぶことで死後も個人の意識を保つを体得していた。

概要

ジェダイと異なる文化に属す者たちの間では、死後の世界が「あちら側」と呼ばれることがあった。銀河系の歴史上、多くの人々が死を免れる手段を探し求めた。シスの暗黒卿ダース・プレイガスミディ=クロリアンを操作することで愛する者を死から救うことができたとされている。妻のパドメを救うため死を回避する術を調べ求めていたアナキン・スカイウォーカーは、シーヴ・パルパティーンからダース・プレイガスの物語を聞かされた。

帝国時代サイバネティックス研究者のドクターサイロは自らのアイデンティティを記憶した人格マップを作成し、肉体が滅びたら別の肉体で人格を起動する“不死のシステム”を完成させていた。

銀河帝国超兵器デス・スター(死の星)は死の概念にちなんで名づけられていた。

登場エピソード

参考資料

外部リンク

他言語版