FANDOM


DUM-4ナブーの戦いより前にサーヴ=オー=ドロイド社が製造したDUMシリーズ・ピット・ドロイドの一体。DUM-4は他のドロイドに混じって惑星タトゥイーンモス・エスパ・グランド・アリーナで整備のために働いていた。

DUM-4と仲間のピット・ドロイドたちは32 BBYに開催されたブーンタ・イヴ・クラシックで仕事をした。レース開始前、DUM-4はアナキン・スカイウォーカーポッドレーサーの電源プラグを設置するよう呼び出され、時間通りにエネルギーを供給することができた。レースが始まると、DUM-4は破損してピットに止まったポッドレーサーの修理を行う。しかし、選手のオディ・マンドレルのポッドレーサーのエンジンの修理をしているとき、この小さなドロイドはレーサーのエンジンに吸い込まれてしまった。DUM-4はエンジンを壊してしまいこのためマンドレルは脱落したが、DUM-4自体は黒ずんだ姿でエンジンから無事脱出し、ヒステリックな笑い声を上げたのだった。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki