FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

DS-181-4は、銀河内戦の時代に銀河帝国に仕えたスターファイターパイロットコールサインである。DS-181-4は人間男性で、惑星モン・カラマリ征服作戦で活躍した後、第181帝国戦闘機部隊に属すセーバー中隊の一員に任命された。この部隊で、DS-181-4はタール・フェナー少佐ウイングマンを務めていた。4 ABYシスの暗黒卿ダース・ヴェイダー第2デス・スターを訪れた際、DS-181-4もその場にいた。その後、彼はエンドアの戦いに参加している。

経歴

Saber4

DS-181-4が乗り込んだ<セーバー4>

DS-181-4というコールサインで知られた人間男性は、銀河内戦において、帝国宇宙軍スターファイターパイロットとして戦った。惑星モン・カラマリ征服活動で敵機を12機撃墜するという戦果を挙げたDS-181-4は、バロンスーンティア・フェルが率いるセーバー中隊第181帝国戦闘機部隊に属す隊)のメンバーになることができた。彼はこの部隊で<セーバー4>と呼ばれるTIE/INインターセプター操縦し、タール・フェナー少佐ウイングマンを務めていた。戦闘において、DS-181-4はしばしば予備的な隊形配置で飛行するよう命じられた。第181部隊のメンバーとして飛行することを好んでいたDS-181-4は、この部隊に残るため、何度も昇格を拒否していた。

DS-181-4

銀河内戦中のDS-181-4

ヤヴィンの戦いの後、DS-181-4はある戦闘に参加した。共和国再建のための同盟からは、少なくともひとりのパイロットがこの戦いに参加した。DS-181-4はこの戦いで敗北したが、損傷を負ったTIEインターセプターで何とか逃げ切ることができた。また、DS-181-4は銀河帝国と反乱同盟がナブータトゥコレリアンダントゥイン、そしてカーザック星系で繰り広げた戦いに参加した。こうした戦闘では、帝国のランサー級フリゲートが反乱軍のEF76ネビュロンBエスコート・フリゲートと戦い、数多くのスターファイターが星系の攻撃や防衛のために投入された。

4 ABYシスの暗黒卿ダース・ヴェイダー第2デス・スターを訪れ、このバトルステーションの完成が遅れていることについて、ステーションの司令官を務めるモフティアン・ジャージャロッドと話し合った。このとき、DS-181-4も第2デス・スターに配属されていた。シス卿は、いずれ皇帝パルパティーンがじきじきにステーションを訪れ、建造を視察しに来ると告げた。その後、DS-181-4はフェナーのウイングマンとしてエンドアの戦いに参加し、インペリアルII級スター・デストロイヤーアヴェンジャー>の防衛に回された。銀河帝国はこの戦いに敗北し、第2デス・スターを失った。

個性と特徴

TIEパイロットとして優れた技術を持っていたDS-181-4は、第181帝国戦闘機部隊のメンバーに選出された。DS-181-4は何度か昇進のチャンスを断り、第181部隊にパイロットとして留まることを選んだ。戦闘において、DS-181-4はしばしば隊形の予備的ポジションで飛行した。彼の髪の毛と目のは茶色で、白い肌をしていた。

装備

帝国での軍務中、DS-181-4は黒い帝国宇宙軍乗組員ユニフォームを着用していた。

制作の舞台裏

Moff Jerjerrod Greets Vader

DS-181-4の登場場面。このシーンは、『帝国の逆襲』の特別編で再使用された。

DS-181-4は、1983年に公開された映画、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のオープニング・シーンに登場したキャラクターである。このキャラクターは、ダース・ヴェイダーが第2デス・スターに到着したシーンに映る、無名の背景キャラクターのひとりだった。キャラクターの名前とバックストーリーは、2000年7月デサイファー社から発売されたスター・ウォーズ カスタマイザブル カード ゲームの『Death Star II Limited』で初めて明かされた。2008年12月9日に発売された『The Complete Star Wars Encyclopedia』(未邦訳)にも、このキャラクターの記事が掲載されている。

『ジェダイの帰還』でヴェイダーが第2デス・スターに到着したシーンは、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の特別編で、ヴェイダーがクラウド・シティからスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に帰艦するシーンに再使用された。そのためDS-181-4を演じた俳優や、同じ場面に登場したエキストラたちは、『帝国の逆襲』特別編にも登場している。

スター・ウォーズ・ギャラクシーズ

2003年、多人数同時参加型RPGゲーム『スター・ウォーズ ギャラクシーズ』にDS-181-4がノンプレイヤー・キャラクターとして追加された。反乱軍のプレイヤーは、特定のミッションのボス・ステージで帝国のエリート・パイロットと対戦する可能性があり、DS-181-4はその候補のひとりだった。DS-181-4を倒しても帝国軍が敗北するわけではないが、プレイヤーにはこのパイロットを倒したというメッセージが表示された。DS-181-4を倒したプレイヤーにはコレクション・アイコンが与えられ、10人の帝国軍エリート・パイロットを倒した場合、バッジを獲得することができた。

また、帝国のエリート・パイロットたちはナブー、タトゥ、コレリアン、ダントゥイン、カーザック星系といたマップの宇宙戦闘にも出現した。DS-181-4はゲームの宇宙の部分にしか登場しなかったため、通常、彼の姿はTIEインターセプター機内にしか見ることができない。しかし、戦闘中に表示されるコム・ディスプレーでDS-181-4の顔を確認することができる。さらに、コレクション・アイコンでDS-181-4の全身を見ることができた。DS-181-4はゲーム作中でTIEインターセプターを操縦しているが、この機体には<セーバー4>のような特徴はない。プレイヤーは、DS-181-4が出現する戦いに参加しないという選択をすることも可能である。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki