FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

DS-181-3は、銀河内戦中に銀河帝国に所属したスターファイターパイロットコールサインである。人間男性、DS-181-3は、プレフスベルト帝国アカデミーバロンスーンティア・フェルによる訓練を受けた。その後、第181帝国戦闘機部隊セーバー中隊に加わり、フェルのウイングマンを務めるようになったDS-181-3は、フェルの復讐(Fel's Wrath)の異名を得た。4 ABYシス卿ダース・ヴェイダー第2デス・スターを訪れた際、DS-181-3もそこにいた。その後、彼はエンドアの戦いに参加している。

経歴

Saber 3

DS-181-3が乗り込んだ<セーバー3>

銀河内戦の時代を生きたこの人間男性は、帝国宇宙軍スターファイターパイロットとして、DS-181-3というコールサインを与えられていた。プレフスベルト帝国アカデミーに入学し、有名なバロンスーンティア・フェルのもとで学んだDS-181-3は、第181帝国戦闘機部隊に加わった。セーバー中隊の隊員としてTIE/INインターセプターセーバー3>を操縦したDS-181-3は、フェルのウイングマンを務めるようになった。DS-181-3は、戦闘中にフェルが動ける空間を確保しておくため、通常はフェル機から離れて飛行するよう命じられていた。DS-181-3は、“フェルの復讐”のニックネームで知られていた。

4 ABYシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが建造中の第2デス・スターを訪れ、このバトルステーションの司令官を務めるモフティアン・ジャージャロッドと完成予定日の遅れを話し合った際、DS - 181-3もその場にいた。ヴェイダーは、皇帝パルパティーンがじきじきにデス・スターを訪れ、残りの建造を監督することになるだろうと告げた。その後、DS - 181-3はエンドアの戦いに参加した。この戦いで銀河帝国は敗北し、第2デス・スターも失われた。

個性と特徴

帝国で最も優れたパイロットとして名高いバロン・スーンティア・フェルによって訓練されたDS-181-3は、セーバー中隊でフェルのウイングマンという役割を与えられていた。戦闘中、彼はしばしばフェルの機動範囲を確保するため離れて飛行するよう命じられたが、フェルの背後を守る役目を担っていた。DS-181-3は黒髪で白色人種の人間の男性だった。

装備

帝国での軍務中、DS-181-3は黒い帝国宇宙軍乗組員ユニフォームを着用していた。

制作の舞台裏

DS-181-3は、1983年の映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のオープニング・シーンに登場するキャラクターである。ダース・ヴェイダーが第2デス・スターに到着する場面で、無名の背景キャラクターのひとりとして出演している。このキャラクターの名前と設定は、2000年7月デサイファー社から発売されたスター・ウォーズ カスタマイザブル カード ゲームの『Death Star II Limited』で初めて明かされた。2008年12月9日に発売された『The Complete Star Wars Encyclopedia』(未邦訳)にも、このキャラクターの記事が掲載されている。

『ジェダイの帰還』でヴェイダーが第2デス・スターに到着するシーンは、『エピソード5/帝国の逆襲』の特別編制作時に、ヴェイダーがベスピンから<エグゼクター>に帰艦するシーンとして再使用された。そのため、『ジェダイの帰還』でDS-181-3を演じた俳優や、同じ場面に登場していたエキストラたちは、『帝国の逆襲』の特別編でもその姿を確認することができる。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki