FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「すべて機械仕掛けなんだよ、相棒。自由に生きろ。関わるな」
―DJ[出典]

DJ人間男性で、ファースト・オーダー=レジスタンス戦争の時代に活動した泥棒スライサー。DJというニックネームは彼の価値観である“関わるな”(Don't Join)が由来。DJは富に縛られない自由な人生に誇りを持っていたが、が欲しいという欲求自体は強く、どんな手段を使ってでも手に入れさえすれば、正当に稼いだのと同じだと考えていた。社会とは人を歯車に変える機械だと見なしていたDJは、新共和国ファースト・オーダーレジスタンス、いずれの勢力の大義も信じなかった。DJは非常に高度な専門的能力を持ち、暗号解読に才能を発揮した。彼は惑星カントニカにあるカジノ都市カント・バイトで活動し、しばしばわざと軽犯罪を犯してカント・バイト警察に捕まった。DJにとって刑務所は、警察官にうるさく悩まされずに済む唯一の場所だったのである。

34 ABY、レジスタンスのメンバーであるフィンローズ・ティコBB-8がカントニカにやってきた時も、DJはカント・バイト刑務所の中にいた。フィンとローズはファースト・オーダーの暗号を破ることができる“マスター・コードブレイカー”を捜していたが、カント・カジノで警察に捕まり、DJと同じ監房に放り込まれた。彼らの目的を知ったDJは報酬と引き換えに協力を申し出て、スケルトン・キーを使って監房の扉を開いてみせた。その後DJはBB-8と一緒に豪華ヨットリバティーン>を盗み出し、当初DJの申し出を拒んでいたフィンやローズと一緒にカントニカから脱出する。その後DJは最高指導者スノークメガ級スター・ドレッドノートスプレマシー>のセキュリティを突破し、フィンとローズがハイパースペース追跡装置のある部屋へ侵入する手伝いをした。しかし彼はファースト・オーダーに捕まった際にフィンとローズを裏切り、レジスタンスの秘密作戦をキャプテンファズマに密告して報酬を受け取った。裏切りに激怒したフィンに対し、DJは機械じかけの世の中には“関わるな”という自分のモットーを語って聞かせた。

制作の舞台裏

DJ

Vanity Fair誌上で初公開されたDJのビジュアル

DJは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場したキャラクターである。俳優はベニチオ・デル・トロ

登場エピソード

参考資料

脚注