FANDOM


DC-17ハンド・ブラスター(DC-17 hand blaster)はブラステック・インダストリーズ社が製造したブラスター・ピストルである。クローン戦争中、共和国グランド・アーミーによって使用され、特に階級が高いクローン・キャプテンコマンダーARCトルーパーが携帯した。

特徴

ブラステック・インダストリーズ社製DC-17ハンド・ブラスター銀河共和国クローン・トルーパーが使用した小型のブラスター・ピストルである。クイック・ドロー用のホルスターに入れて装着し、突然の危険にも素早く対処できるようになっていた。[1] 銃身の中ほどにはプラズマ励磁室があり、銃床部分のパワー・セルには50発分のエネルギーを充填することができた。[3] このピストルは殺傷能力を抑えたスタン・モードを有し、壁を登るためのアセンション・ケーブルを発射することもできた。DC-17は統一性と互換性のための設計がなされていたが、クローン・コマンダーたちは独自の塗装を施してカスタマイズすることが多かった。[1]

歴史

DC-17ハンド・ブラスターはブラステック・インダストリーズ社によって製造され、共和国グランド・アーミーの兵士、特に階級の高いクローン・キャプテンコマンダークローン戦争で装備した。コマンダーCC-5052(ブライ)やキャプテンCT-7567(レックス)は同時に2挺のDC-17ブラスター・ピストルを好んで使った。[1] また、コマンダー・ブライはDC-15ブラスター・ライフルを使うときも2挺のDC-17を腰のホルスターに収めていた。[4]

主な使用者

RexPhase2Leap-SWE

2挺のDC-17を構えるキャプテン・レックス

登場エピソード

参考資料

脚注