FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

DC-15Aブラスター・ライフル(DC-15A blaster rifle)は銀河共和国クローン・トルーパーが使用した兵器である。DC-15Aの銃床が木製のバージョンは、セネト・コマンドの標準装備でもあった。この武器は、DC-15Sブラスターに代わる、より強力で長距離用のブラスター・ライフルだった。

特徴

CloneDC15A swtcwvg

DC-15Aを構えるクローン・トルーパー

DC-15Aブラスター・ライフルは、クローン・トルーパーの標準装備のひとつだった。こうしたブラスター兵器のおかげで、クローン・トルーパーは実体弾を持つことなく、多くの弾丸を撃つことが出来た。しかし、DC-15Aは9,5ポンドもの重量があり、本来連射式として設計されていなかった。ブラスターのプラズマ・ガス特有の不安定さが、銃の連発を難しくしていたのである。ただし広範囲にわたる訓練を受けたクローン兵士が使えば、DC-15Aはとても強力で、危険な兵器となった。

DC-15Aのティバナ・ガス・カートリッジには、(パワー設定や特質にもよるが)最大500発分のガスが入っていた。パワーのチャージ弾倉は50発分継続し、弾倉リリース・ボタンを押して新しい弾倉をスライドさせることで、取り換えが可能だった。ティバナ・カートリッジの取り換えは、これよりもより困難だった。使用者はブラスターを開き、古いカートリッジを銃床から取り外し、新しいものを取り付けなければならなかった。同シリーズの小型の銃と同様、トリガーを引いたままにして連射すると、銃撃の正確性は減少した。ブラスターの上部には三角形の突起があり、そこに取り付けられていたレバーで武器のパワーを調節することが出来た。この銃のパワーチャージ弾倉が発するエネルギーは、ガスをハイパー・イオン化して点火部分でプラズマに代わった。この大きなライフルの青いプラズマ弾は、高パワーに設定すればほとんどの歩兵のアーマーを貫通することが可能だった。また、ハイパー=イオン化されていたために、ドロイドと生きた標的に対して特に効果的だった。また、この武器にはスタン(麻痺モード)のセッティングもあった。

FivesBlaster-CC

訓練用DC-15A

DC-15Aには上部に照準器が付いていたが、クローン・トルーパーのヘルメットと接続し、ヘッド・アップ・ディスプレーに照準をグラフィックで映し出すことが可能だった。また、この銃のスナイパー・スコープは、収納状態にしたときにグリップとしても使うことが出来た。三脚に取り付けたDC-15Aの最大射程距離は10キロメートルだった。最大出力にしたDC-15Aのブラスター弾は、フェロコンクリートの壁に0,5メートルの穴をあけることが出来たが、高出力の発砲はパワー消費率も高かった。低出力ならばカートリッジごとに500発撃てるDC-15Aも、高出力の場合300発しか撃てなかった。このブラスターには、高い崖や壁を登るためのアセンション・ケーブル発射装置が取り付けられており、テスの戦いなどで使用された。DC-15Aは優れた破壊力を持っていたが、多くのクローン・ユニットはより軽く、よりコンパクトなDC-15Sライフルを好んで使用した。DC-15Aは、B2スーパー・バトル・ドロイドDSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイドなど、巨大で重装甲のドロイドと開けた戦場で戦うさいに好まれたが、窮屈な場所での相手と接近した戦闘では、DC-15Sの方が小型で扱いやすかったのである。また、DC-15Aは巨大な生物との戦いに適した兵器であることが証明されていた。フェルーシアの戦いで、第501軍団は野生のアクレイとの予想外の戦闘が起きた際、DC-15Aを効果的に使った。

歴史

DC15A cold assault trooper

DC-15Aを使うクローン・コールド・アサルト・トルーパー

ブラステック・インダストリーズ社が製造したDC-15シリーズは、クローン大戦中に使用されたプラズマ兵器の一種だった。銀河帝国の統治が始まってから8年後カミーノで育てられたアンチ=トルーパーは、帝国との戦いでこの兵器を使用した。ストームトルーパーの中にも、DC-15Aを使っていた者がいた。また、非クローン兵によって構成されるセネト・コマンドも、セネト・ガードが使うセレモニアル・ブラスター・ライフルの代わりに、DC-15Aを標準装備にしていた。アドバンスト・レコン・コマンドーも、この兵器(多くの場合改造が施されていた)を使っていた。惑星ボーズ・ピティにおいて、IG-100マグナガードの1体がDC-15でアサージ・ヴェントレスを殺しかけたが、彼女は生き延びている。帝国の特別部隊、ダーク・ノヴァトルーパーもDC-15Aを使っていた。彼らの使うDC-15Aは高度な改造が施されており、外部取付式ファイアパワーを装備していた。

衛星ルゴサにおいて、ジェダイ・マスターヨーダは負傷したクローン兵士、サイアの杖として使うため、DC-15Aをライトセーバーで切った。

ユージャン・ヴォング戦争中、ジャッダー・ペイジはDC-15Aを使ってカルーラで戦った。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはDC-15Aブラスター・ライフルに関する16枚の画像があります。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。