FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

CT-9538、通称“エッジ[1](Edge)は、クローン戦争タンゴ中隊の一員として戦ったクローン・トルーパー

経歴

惑星ジオノーシスで活動したタンゴ中隊のメンバーであるエッジは、他のクローン・トルーパーとともにオード・セスタスへと向かう銀河共和国医療船TB-73に乗り込んだ。この船にはジェダイ司令官であるアソーカ・タノバリス・オフィーらも乗船していた。航行中、ジオノージアンブレイン・ワームに洗脳されたトルーパー・サイスの手によって、タンゴ中隊隊員は次々とこの虫に寄生されてしまった。洗脳されたエッジはオックスとともに宇宙船クローン・トルーパー・パイロットを射殺する。次に2人は食堂にいるジェダイのパダワンたちを襲撃したが、返り討ちになった。しかしまだ生きていたエッジは、サイスやハヴォックとともにまだブレイン・ワームに洗脳されていない最後のクローン・トルーパーを取り押さえ、洗脳を行う。その後、オフィーがブリッジに入り込もうとしたとき、エッジは再び彼女を攻撃した。しかしタノが冷却用のタンクを操作して船を冷やしたことで、トルーパーたちは寒さに弱いブレイン・ワームの支配から解放された。

装備

エッジは左目の上にオーラベッシュの「センス」というアルファベットをタトゥーしていた。彼はDC-15Aブラスター・ライフルDC-15Sブラスターを携帯していた。また、彼は任務でバックパックを背負う事があった。彼は青いマーキングのフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを装着し、肩のプレートにはトラのような模様が入っていた。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『ブレイン・インベーダー』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。