FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

CT-9529、通称”ハヴォック[1](Havoc)はタンゴ中隊に所属していたクローン・トルーパー

経歴

AhsokaBarrisVsHavocTrap-BI

タノとオフィーに警戒されるハヴォックとトラップ

ハヴォックはタンゴ中隊のほかのクローン・トルーパーたちとともに惑星ジオノーシスの任務を終え、オード・セスタスへ向かう銀河共和国の医療供給船TB-73に乗り込んだ。この船にはジェダイ指揮官であるアソーカ・タノバリス・オフィーも乗船していた。船内のクローンたちはジオノージアンブレイン・ワームによってマインド・コントロールされており、ハヴォックもその犠牲者のひとりだった。洗脳されたオックスエッジがタノとオフィーを襲撃したあと、ハヴォックは中隊長トラップとともにジェダイパダワンのいる食堂へと駆けつけた。2人はブラスターを床に置いて自分たちの潔白を主張し、パダワンの信用を得た。トラップとジェダイが宇宙船のブリッジへ向かう間、ハヴォックは食堂でオックスとエッジを見張ることになる。その後、食堂から出たハヴォックは、サイスやエッジとともに、まだ洗脳されていない最後のクローン・トルーパーを取り押さえ、ブレイン・ワームを寄生させた。その後ハヴォックたちはジェダイと戦ったが、タノが冷却用のタンクを破壊して船内を冷やした際、寒さに弱いブレイン・ワームの支配から解き放たれた。

装備

ハヴォックはDC-15Aブラスター・ライフルDC-15Sブラスターを携帯していた。彼は青いマーキングのフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを装着し、肩のプレートや腹部にはトラのような模様が入っていた。

登場作品

脚注

  1. 『ブレイン・インベーダー』ではハボックだが、Wookieepediaの表記の方針に基づき、ハヴォックとしている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki