FANDOM


CT-3423クローン戦争中に共和国グランド・アーミーに仕えたクローン・トルーパーである。19 BBYサルーカマイの包囲のあいだ、彼はクローン・コマンダーCC-8826が指揮する第91機動偵察兵団に属していた。その後、CT-3423とCC-8826はジェダイ・マスタースタス・アリーとともに、惑星サルーカマイスピーダーでパトロールした。CC-8826は彼のヘルメットコムリンクを通し、全てのジェダイ銀河共和国の裏切り者と断定するオーダー66の指令を受け取り、CT-3423にも指示を伝えた。CT-3423とCC-8826はBARKスピーダーブラスター砲を使ってアリーのスピーダーを攻撃し、それを破壊してアリーを殺害した。

経歴

CT-3423は、すべてのクローン・トルーパーと同様、ワイルド・スペース惑星カミーノにおいて、共和国グランド・アーミーに仕えて戦うため、マンダロリアンバウンティ・ハンタージャンゴ・フェットクローンとして生み出された。クローン戦争中、CT-3423は、“ネーオ”のニックネームを持つCC-8826が指揮する第91機動偵察兵団に配属されていた。19 BBY銀河共和国アウター・リム・テリトリーの惑星サルーカマイ包囲したとき、CT-3423と第91機動偵察兵団は侵略軍に加わった。

Stass Allie

CT-3423とネーオが殺害したスタス・アリー

共和国が戦いに勝利した後、CT-3423とネーオはジェダイ・マスタースタス・アリーとともに、惑星の湿地帯の上をスピーダー・バイクでパトロールした。スピーダーでの偵察任務中、ネーオはジェダイを共和国の裏切り者と断定し、すべてのクローン・トルーパーたちにジェダイの将校殺害するように命じるオーダー66の指令を、ヘルメットのコムリンクを通して最高議長パルパティーンから受け取った。ネーオがCT-3423に指令のことを伝えた後、トルーパーたちは彼らのBARKスピーダーブラスター砲を使用し、アリーに砲撃した。このジェダイの74-Zスピーダー・バイクの後部に当たった攻撃は、バイクのリアクターを爆発させ、スタス・アリーは衝突によって命を落とした。

個性と特徴

CT-3423はジェダイ・オーダーよりも共和国最高議長のパルパティーンに忠実であり、オーダー66を遂行してジェダイ・マスターのスタス・アリーを殺害した。彼はまた、BARKスピーダーを操縦することができ、フェイズIIクローン・トルーパー・アーマーを身に着けていた。

制作の舞台裏

CT-3423は、ジョージ・ルーカス監督による『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年)で初登場を果たした。このキャラクターの識別番号は、スター・ウォーズ インサイダー第87号の記事、『Order 66: Destroy All Jedi』で明かされた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。