FANDOM


「ああ、彼を相手にするなよ。成長工程に長居し過ぎたんだ」
―エコーをからかうカタップ[出典]

CT-1409エコー(Echo)のニックネームで知られたクローン・トルーパーである。クローン戦争中、グランド・アーミーの一員として銀河共和国のために戦った。惑星カミーノで生み出された後、エコーはまずはじめにCT-21-0408という識別番号を与えられ、クローン候補生ドミノ分隊に配属される。彼らはシニティーン賞金稼ぎブリックの指導のもと、ティポカ・シティ軍事複合施設で戦闘訓練を積んだ。仲間たちとともに最終試験をパスした後、一人前のトルーパーと認められたエコーはリシに設けられた共和国の前哨基地リシ・ステーションへ配属される。22 BBY、リシ・ステーションはカミーノ侵攻を企む独立星系連合グリーヴァス将軍による攻撃を受けた。基地の人員のうち奇襲を生き延びたのはエコー、ファイヴスヘヴィーたち“シャイニー”だけだったが、3人は偶然基地の視察に訪れたクローン・コマンダーコーディキャプテンレックスと協力して奇襲チームを撃退し、カミーノに差し迫る危険を艦隊に警告することに成功した。このときの活躍を認められ、エコーは第501軍団の隊員に迎え入れられた。

21 BBY、エコーとファイヴスは故郷カミーノに戻り、アサージ・ヴェントレスとグリーヴァス率いる分離主義勢力の侵略軍と戦った。共和国のクローニング施設防衛に貢献した2人は、晴れてARCトルーパーに昇格する。20 BBY、エコーと第501軍団の隊員はローラ・サユー任務に参加し、分離主義者の捕虜になったジェダイ・マスターイーヴン・ピールを救出するためシタデル刑務所に忍び込んだ。ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーに率いられた潜入チームはピールを独房から救い出したが、看守オシ・ソベック率いるバトル・ドロイド団に行く手を阻まれ、火山の惑星に足止めされた。エコーは脱出用シャトルまでの道を切り開こうとしたが、ドロイド・コマンドーの操縦する砲台の攻撃で重傷を負った。このとき、仲間たちはエコーが戦したと思い込んだ。

分離主義勢力の囚人になったエコーは、テクノ・ユニオンを率いる監督者エマーワット・タンバーに引き渡された。分離主義者はエコーを生きたままサイボーグに改造し、キャプテン・レックスが作った戦略アルゴリズムなどの情報を彼から引き出した。分離主義勢力のトレンチ提督19 BBYアナクセス戦いでエコーの知識を利用する。しかしエコーがまだ生きていることに気づいたレックスはスカイウォーカー将軍やクローン・フォース99のメンバーとともに救出作戦に乗り出し、スカコ・マイナーでエコーを解放した。エコーは分離主義者から与えられたサイバネティックスの体を使って敵の戦略を乱し、アナクセスの戦いを共和国の勝利へ導いた。

登場エピソード

参考資料

脚注