FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

CC-8826、通称ネーオ(Neyo)は共和国グランド・アーミー第91機動偵察兵団を率いたクローン・コマンダー。ネーオは機動偵察兵団に仕えるピット・ドロイドWAC-47の持ち主だった。クローン戦争中、WAC-47は独立星系連合暗号化モジュールを奪取するために編成されたD分隊のメンバーに選ばれ、所有者であるネーオもジェダイ・テンプルで開かれたブリーフィングに参加した。D分隊がミーバー・ガスコン大佐に率いられて任務に出発した後、ネーオはカリダ星系で開催された共和国軍戦略会議に出席する。会場となった宇宙ステーションヴァーラー>は分離主義者による爆破テロの脅威にさらされたが、WAC-47やD分隊の活躍で最悪の事態は回避された。

クローン戦争終盤、ネーオと第91機動偵察兵団はアウター・リム・テリトリー惑星サルーカマイへ派遣された。BARCスピーダーに乗ってパトロール任務を遂行していた時、ネーオは最高議長シーヴ・パルパティーンからオーダー66の指令を受け取り、前方を走るジェダイ将軍スタス・アリーを撃墜した。

制作の舞台裏

Neyo face

特務分隊結成』用に準備されたネーオの素顔のデザイン

CC-8826は2005年5月19日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するキャラクターである。映画公開に先駆けて発売された『スター・ウォーズ エピソード3 キャラクター&クリーチャー』(翻訳版は映画公開後に発売)で初めて紹介された。コマンダー・ネーオに関する詳細な設定はスター・ウォーズ インサイダー誌84号や87号の記事に掲載されたが、これらはいずれも正史には属さない。

2012年、ネーオはアニメ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズシーズン5の第10話『特務分隊結成』に登場した。WAC-47の持ち主という役回りで、台詞はない。また、このエピソードのためにヘルメットを外したネーオの素顔がデザインされたが、未使用に終わった。デザイン画は公式サイトStarWars.comのエピソード・ガイドで公開されており、ネーオは左の頬にオーラベッシュで「CC-8826」という識別番号のタトゥーを入れている。

登場エピソード

参考資料

他言語版